増税回避の秘策はあるか - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

増税回避の秘策はあるか

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

依然として、増税問題がくすぶり続けています。

政府の2011年度予算編成は、消費税増税の議論が
後退したため、財源確保に相当苦しんでいる様子です。

また、政府は他にも円高・株安、雇用対策などの
問題を抱え、にっちもさっちもいかない状況です。

これらの問題は、実は、すべて、デフレの問題と
つながっているように思えます。

具体的な現象が、個人消費の冷え込みです。

最近は、モノやサービスの値段が崩れ始めていることを
実感している方は多いはずです。

実際、同じ品質のモノやサービスが
安く売られていたら、誰だって安い方を買いたい。
それが、合理的な判断です。

ただ、モノやサービスの生産に携わっている
人たちの努力を想像すると心苦しくもあります。

そこで、個人的に思ったのが行き過ぎた値下げ合戦は、
法律で止めるしかないのではないか、ということです。

例えば、「過当競争防止法」みたいなのを作る。

独占禁止法にも「不当廉売」の考え方があるようですが、
実際、大手が、薄利多売方式で市場を独占してしまうと
中小企業や個人商店は、やっていけなくなりますし、
もっと言うと、値下げ合戦は、人と人とが価値を認め合わない
尊敬し合わない社会を作ってしまっているのではないか
とも思えてきます。

モノやサービスの値段が、正当な価値を反映したものに戻れば、
雇用も増え、起業も増え、さらに、国の税収も増えます。
つまり、税収の自然増で、増税(税率アップ)を回避できる
というわけです。

ちなみに、私自身は、競争はあった方がよいと
思うタイプですが、安さではなく、質で競い合うのが
よいと思うタイプです。

つまり、人と人が、お互いの価値を認め合いながら
尊敬し合いながら、最高の品質で勝負をするのがよいと思う。
例えば、野球でも、サッカーでも、そうです。

このままいくと、目に見えないような文化的な財産も
すべて、「とにかく安く」という風潮の中で、
壊れてしまいます。

「安さではなく質」を重視するようになれば、
日本の将来は、決して悲観的ではないと思うのですが
いかがでしょうか。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)

このコラムに類似したコラム

住宅相談ラッシュ 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/13 08:22)

安心なサービスの選び方 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/26 16:48)

米雇用統計振り返り、3月利上げの可能性を排除できず 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/02/12 09:00)

消費税について考えてみましょう 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/30 18:04)

FPとしての独立から10年 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/03/27 16:39)