地質調査 うわものあっては‥。 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地質調査 うわものあっては‥。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ものづくりの現場から

昼間の最高気温の更新かとおぼしき、灼熱のお盆休みあけ。

建物の建替工事にさきだつ 既存建物の解体作業がつづく。

職人さんたちには、ほんとに、ごくろうさま である。

 

この既存建物。15坪あまりの敷地に ほぼ目一杯建ってる。

この状態では、ボーリングなど地質調査は現地では不可能。

その地質調査の報告書の添付が義務づけられた 建築確認。

 

そう

更地にして、地質調査して、それから設計しろよ ってか?

その間、建て主は ずーっと引っ越してろ ってことなの?

‥耐震偽装事件を端した、設計者性悪説 の発想のツケだ。

 

お役人さん にも さすがにあんまりだ ということでか

建築確認済証 は いただき、着工までに地質調査報告書

をキッチリ提出するとのことで、落着。

基礎は、近隣の地盤データの中で最悪の状態を想定し設計。

設計変更は、少なくとも補強の方へは出ないはずだ。

 

あとは、

設計者である私と、パートナーである構造設計者との責任。

これが、本来のことじゃ、ありませんか。

 

※所管の特定行政庁により、対応が違うことがありますので

 実際の場合は、そのつど確認のこと。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ものづくりの現場から」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

料金
無料

諦めていた小さな土地・不規則な形状の土地であっても、ライフスタイルを実現させる住まいの提案をいたします。

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

このコラムに類似したコラム

軸組緊結検査 松永 隆文 - 建築家(2013/11/23 09:34)

杭工事偽装問題と設計監理 岩間 隆司 - 建築家(2015/12/03 19:30)

中間検査 松永 隆文 - 建築家(2012/06/07 18:38)

構造建築金物 松永 隆文 - 建築家(2012/06/04 11:50)

棟上げ間近~切込み場での手刻み確認 山道 勉 - 建築家(2011/05/08 15:20)