経費削減レポート4 - 仕事・職場全般 - 専門家プロファイル

小田 和典
小田会計事務所 税理士
大阪府
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経費削減レポート4

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事・職場全般

今日は先週に続きまして「業務用電力から高圧電力への変更」の続きを

お伝えします。

電力会社は困っているのです。

ある地区の○○センター様は、まだ電力会社にまかせっきりで、電力会社が「高圧電力に出来ない」と言っただけで諦めてしまいました。「出来ない」と回答するのは当然で、その理由は、お客様が明確な論点(「ある事」)を持って「高圧電力に変更してくれ」と言ってこないからです。

ただ闇雲に、「高圧電力」が安いから、「そっちに変えてくれ」と言っても、何の根拠もなしに変えてくれるわけがありません。「業務用電力」にはそれなりの理由があるから、○○センター様は、皆、業務用電力になっているのです。ですから、「それなりの理由付け」をしてあげないと、電力会社でも困ってしまう訳です。

そうでないと、全ての企業が「高圧電力」に変えてくれ、となりこの世から「業務用電力」と言う契約がなくなってしまいます。

また、電気事業法と言う法律により、ある特定の事業者だけを優遇することは硬く禁じられており、それは「差別行為」として罰金刑になるのです。例えば、○○センター様が、「変えてくれ」と申し出て、万が一何の検証もせず(約款によらずに)変えてくれたら、その地域の他の事業者に対して、「差別行為」となります。

電力会社が、簡単に契約を変えてくれない理由としては、このようにたくさん事情があるわけです。

別に意地悪をしているわけでも何でもありません。

◆ 多くの企業が実証済みです。

ある企業が、業務用電力から高圧電力に変更していただきました。

年間150万円ほどの電気料金を支払わずにすみました。

数回の現地調査と、趣意書を元に協議を重ね3ヶ月ほどかかりましたが、電力会社が認めてくれたのです。電力会社の担当者にもよりますが、おおむね2ヶ月ほどで結果が出るようです。(変更できる、できないの回答)

そのためには、そのある事をしなくてはなりません。このある事は、もちろん業種によって違います。しかも、従来の枠に収まらない産業であれば、電力会社がなおさらその細かな部分のある事に気がつくのは、難しいことなのです。電気に関してのプロ(電力会社)でさえ気が付かないのですから、電気の素人がそれに気付くはずもありません。

○○様はその○○センター様だけではなく、他の事業所でも数ヶ所「高圧電力」契約に変更しました。

このように、特有のある事を実証してあげて、困っている電力会社の手助けをしてあげ(電力会社は、サービスしたくてしょうがないのです。)、しかも自社の電気料金が下がると言う、皆が幸せになるスキームです。

中小企業ビジネス研究会飯田からのレポートでした。

今日は最後まで読んでいただいた御礼におまけを用意しました。

見直すだけで効果がでる経費削減です。

 1.電気料金削減⇒契約の見直しによる電気料金削減

 2.省エネ監視モニター⇒「電気の見える化」で省エネとCO2削減を監視

 3.エレベーター保守費削減⇒独立系保守で、保守料金削減

 4.キュービクル保守費削減⇒上場企業の遠隔保守点検で経費削減

 5.クレジット料率削減⇒クレジット加盟店料率引き下げで経費削減

 6.テナント料削減⇒テナント料削減で固定費削減

 

このコラムに類似したコラム

経費削減レポート6 小田 和典 - 税理士(2010/10/12 23:01)

経費削減レポート5 小田 和典 - 税理士(2010/09/13 18:57)

経費削減レポート3 小田 和典 - 税理士(2010/08/09 21:06)

経費削減レポート2 通信費の経費削減 小田 和典 - 税理士(2010/07/12 19:05)

睡眠専門家の「快・眠育(商標登録)」 ますます増えるビジネスパーソンに睡眠障害 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2013/06/03 09:23)