費用と支出のズレの原因その2=減価償却 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

費用と支出のズレの原因その2=減価償却

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は年に何回か出演している

マンスリーコンサートが開催されます。

歌わせて頂ける機会があるということはありがたいことです。


昨日からの続き、費用と支出のズレについて。

今日取り上げてみたいのは「減価償却」です。


この概念を理解して頂くのが本当に難しいです。

高額な資産を購入した際、その投資について

「買ったその時に全額費用には出来ない」ということを

しっかりと認識しておくことが必要です。

その資産の「使える年数」に応じて、少しずつ費用として

処理をしていく、というのが減価償却です。

例えば、100万円で買った車が5年使えるのならば、

一年当たりでは20万円ずつ費用になるのかな、という

発想法です。


明日も減価償却のお話を続けます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

資産とは何か?という根源的な質問 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/08 07:00)

費用を繰り延べるという発想 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/06 07:00)

減価償却 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/21 01:00)

現金残高は難しい 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/29 01:00)

税務会計の基本的な仕組み 高橋 昌也 - 税理士(2011/12/07 01:00)