費用と支出のズレの原因その1=決済 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

費用と支出のズレの原因その1=決済

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、お盆の中日、如何お過ごしでしょうか?

今日は地元の盆踊りにでも行こうかと思っています。


昨日からの続き、利益と現金収支のズレを生じさせる原因の中で

最も注目すべきは「費用と支出のズレ」です。

その原因について確認していきます。


まず最初に覚えておくべきは、以前にも指摘した

「借入金の元本の返済」であることは改めて指摘しておきます。


次に取り上げたいのは「決済のタイミング」です。

昨日「費用が250」で「支出が260」という例を見ました。

これは「前期の分の仕入代金を当期に支払った」ような

状況で起こる現象です。

費用としては前期の内に計上されていた。

実際の代金支払いは当期になって行った。

こういうことはままあることです。


他のお話を確認していきます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

黒字倒産の実例を考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/12 07:00)

借入金の元本返済は支出ではあるが費用では? 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/10 07:00)

支出を伴わない費用の例 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/09 07:00)

お金を借りる費用が昨今は安い 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/04 07:00)

借入の返済で大切なこと 高橋 昌也 - 税理士(2013/12/12 07:00)