アクセス解析の種類 - アクセス解析・効果測定 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アクセス解析の種類

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. アクセス解析・効果測定
ウェブアナリストの視点

今回は「アクセス解析の種類」の話です。

このアクセス解析の種類を知る必要性は二つです。
・導入を検討するにあたり、どのような方法が自社の目的にとって適切なのかを知る。
・アクセス解析の数字が合わない理由を知る。
の二つです。
目的に合わない手法を導入すると、その後の解析が困難になりますし、得たい結果を得ることができません。
また、比較する上で、数字の出し方を知っておくことで、正しい比較ができます。

【アクセス解析の種類】
大きくわけて3タイプです。
・ウェブビーコン型
・サーバーログ型
・パケットキャプチャー型
の3タイプです。

集計方法などはそれぞれのタイプの中でもツールによって異なりますが、
まず知っておくべきポイントは「ログの取得方法」です。

これはアクセス解析を実際にしない人でもウェブサイトの運営にかかわる人であれば知っておくべきことです。

【ログの取得方法】
・ウェブビーコン型
 ページに「タグ」と呼ばれる「javascript」を埋め込みます。
 そこから解析サーバーにログを飛ばし、サーバーでログを蓄積します。

 ウェブ上で開かれた場合にjavascriptは反応します。
 また「クッキー」を使ってセッション管理を行います。

 一つ目のポイントとして、「ウェブ上で閲覧されないとログは取得されない」ということです。
 (一部検索エンジンが疑似的に実行することがあります。)
 ですから、良い点としては、検索エンジンからのアクセスやウィルスによるアクセスはカウントしません。

 二つ目のポイントとして、「タグを貼れば解析できる」ということです。
 良い点としては解析範囲を拡大できます。ASPサービスなど他社のサービスを利用している場合でも
 タグさえ貼れれば使えます。
 悪い点としては、タグが貼れないと解析できないということです。
 例えば画像の解析はできません。
 PDFも「工夫すれば出来ます」が難易度が高いです。
 システムが複雑に絡んでいるとタグの貼りつけの難易度が上がる場合があります。

 三つ目のポイントとして、「欲しい情報を取得しやすい」ということです。
 例えばパラメータ付のページで実際のファイルが同じでも区別して判断することが出来ます。
 (一部ツールでは出来ません。)
 セッション管理もできますので、訪問者数的なものを把握するのにも向いています。

 弊社のシビラhttp://www.sibulla.com/やgoogleanalyticsがこのタイプです。

・サーバーログ型
 サーバーには「ログ」がたまっています。
 元々はサーバーエラーや不正をチェックするためなどで使うことが多かったのですが、
 そのログを活用して解析を行います。
 ログがあれば、ツールがなくても解析が可能と言えば可能ですが、難しいため、
 いくつかツールがあります。
 取れるログはウェブサーバーの種類や設定によって変わります。

 一つ目のポイントは「早く始めやすい」ということです。
 ログはすぐ取得開始されます。
 ですから、今日思い立って、過去の解析をしたいと思っても出来る場合があります。

 二つ目のポイントとしては「情報管理がしやすい」ということです。
 自分の管理しているサーバーにあるログを使うわけですから、
 自分さえしっかり管理して入れば安心です。

 三つ目は「サーバー内であれば全てのファイルを取得できる」ということです。
 良い点として画像やJS、CSSなどの読み込み数も見れますし、
 faviconを使っていればその呼び出し回数も取得できます。

 悪い点としては何でも取得してしまうので、「ゴミ」情報が多くなります。
 ですので、必要な情報を自分で判断する必要があります。
 また、サーバーの設定次第では必要な情報(例えば参照元など)を取得できない場合があります。

 サーバーの設定の難易度は高いので、技術者がいないと設定は困難です。
 また、自社で管理できないページ(例えばASPタイプ)の解析は全く出来ません。

 弊社でも時々サーバーログをお預かりして解析することがありますが、
 その場合はローカルで動くプログラムを作って集計などを行うことがあります。

・パケットキャプチャー型
 パケットキャプチャー型というのはウェブサーバーに来るインターネットからのパケットを
 別途用意した専用サーバーで取得するという方法です。

 一つ目のポイントは「安全に取得できる」ということです。
 自社のファイヤーオール内に専用サーバーを設置して取得しますので、
 外部に漏れる心配は少ないです。

 二つ目のポイントは「ページやサーバーに依存しない」ということです。
 別にサーバーをたてるので、タグを貼ったりする必要もなければ、
 ウェブサーバーの設定にも依存しません。

 ですから、複数のウェブサーバーがあり、それぞれサーバーの設定がばらばらでも
 解析が可能になります。

 また、PCでもモバイルでも関係なく取得できます。

 三つ目のポイントは「専用サーバーを用意する必要がある」ということです。
 パケットキャプチャー用に専用サーバーを用意しますので、制約は多いです。
 ASPなどでは使えない他、安価なレンタルサーバーだと使えません。
 自社やデータセンターにウェブサーバーがあるという場合でないと使えませんし、
 技術者も必要です。

 この方法は「お金はあるけど、リスクは取れない」という企業向けです。
 情報の精度はやり方にもよりますが、ウェブビーコン型同様高いです。

この3つの取得方法を正しく知ることで、自社に適した方法を判断できます。
安全性ではパケットキャプチャー>サーバーログ型>ウェブビーコン型
予算面では安い順にウェブビーコン型>サーバーログ型>パケットキャプチャー型
情報の正確性ではウェブビーコン型>パケットキャプチャー型>サーバーログ型
導入スピードではサーバーログ型>ウェブビーコン型>パケットキャプチャー型
です。(もちろんツールによって多少変わります。) 

これを機に是非覚えてください。


アクセス解析「シビラ」
WEB解析コンサルタント認定講座

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ウェブアナリストの視点」のコラム

ウェブ解析ツールの選び方(2015/02/18 15:02)

このコラムに類似したコラム

ウェブ解析:競合分析の方法 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2011/06/24 21:50)

訪問者の組織名をメールで配信するアクセス解析機能実装しました 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/10/29 20:46)

Googleアナリティクス ダッシュボードレポート作成始めました 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/09/27 12:01)

いい加減な計画を立てましょうーウェブ解析ではどう比較するか?ー 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/08/18 12:08)

全日本LPO協会の認定コンサルタント研修を受けてきました! 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/07/30 18:43)