利益と現金収支は一致しないことを確認する - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

利益と現金収支は一致しないことを確認する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はこれからお墓参りです。

まずは掃除、それからお参り、大切なお仕事です。



昨日からの続き、利益と現金収支について触れてみました。

具体的な例でこの二つの数字を考えてみたいと思います。


◯収益  売上で300円計上

◯費用  仕入や経費で250円計上

◯収入  売上代金の回収で280円、新規の借入で60円計上(340円)

◯支出  仕入代金の支払で260円、借入の返済で120円計上(380円)


さて、このケースで利益と現金収支を計算すると

◎利益 = 300円 - 250円 = 50円

◎現金収支 = 340円 - 380円 = △40円


どうでしょうか、利益はあるのにお金が減っているという状況が

現れました。

もちろん、この数字は意図的に計算していますが、実は現在

このような状況になっている中小企業は本当に沢山あります。


さて、ここで費用と支出の関係について少し補足を。

費用が250円計上、支出が代金の支払で260円計上となっています。

これ、おかしくない?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。


実はこういった点こそが資金繰りを考えていく上での最も

基本的なポイントとなります。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

黒字倒産の実例を考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/12 07:00)

お金の流れがシンプルなのも良い 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/16 07:00)

利益があってもお金が残らない 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/13 07:00)

黒字倒産が起こる理由 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/11 07:00)

借入金の元本返済は支出ではあるが費用では? 高橋 昌也 - 税理士(2014/01/10 07:00)