衆議院選挙ではどのようにホームページを作成するか? - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

衆議院選挙ではどのようにホームページを作成するか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
選挙とホームページ作成について 衆議院議員選挙に勝つホームページ作成

衆議院選挙ではどのようにホームページを作成するか?


衆議院議員選挙には「小選挙区」と「比例区」があります。
参議院と異なり「比例区」は小選挙区との重複立候補が多いことや、
名簿順位(同順位の場合は小選挙区での惜敗率)で決まります。

ですので、「衆議院比例区に受かる方法」というのは
・選挙区で多くの得票を得ること
・選挙区の当選ラインを下げること(分裂選挙など)
・政党の名簿上位に掲載してもらうこと(比例単独で)
ということと
・比例区に所属政党で投票してもらうこと
となります。

ですから、選挙活動で各候補者が行うことは「選挙区で多くの得票を得ること」しかありません。

「衆議院議員選挙 選挙区で当選するホームページ作成」にフォーカスします。

では、衆議院議員選挙選挙区の概要です。

・選挙区は全国に300の「小選挙区(当選者は1名)」です。
 東京都には25個の選挙区があり、鳥取県には2個の選挙区があります。
・有権者は「候補者名」を記入し投票します。
 (比例区は「政党名」を記入し投票します。)
・小選挙区ですので、選挙区内で最も多くの得票を得た人のみが当選します。
 (当選ラインは選挙区にもよりますが、多くても15万票程度で当選しますし、
  少ないと6万票程度で当選できます。
  参議院選挙の選挙区だと20万票〜70万票必要ですから得票数は少ないです。)
・但し得票率という側面からは5割近い得票を得ないと当選できないため、参議院より厳しいとも言えます。

何より特徴は「選挙区が狭い」「ライバルは他党の候補のみ」というところでしょうか?
特徴を強く打ち出した方がいい参議院に比べて、満遍なくカバーする必要があるのが衆議院の選挙です。

衆議院選挙に勝つホームページ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「選挙とホームページ作成について」のコラム

LOVE JAPAN 2009(2009/07/28 13:07)

小沢一郎史(2009/05/13 22:05)