発注側の体制強化が、IT業界を変える!(1) - システム開発・導入全般 - 専門家プロファイル

坂本 俊輔
株式会社サイワークス 執行役員副社長
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:システム開発・導入

清水 圭一
清水 圭一
(IT経営コンサルタント)
井上 みやび子
井上 みやび子
(Webエンジニア)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

発注側の体制強化が、IT業界を変える!(1)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. システム開発・導入
  3. システム開発・導入全般
システム調達のノウハウ

私は、ITの世界は、市場の成熟度が非常に低いと考えています。

市場の成熟度の要素の1つに、購入者、販売者ともに取引の相場がある程度わかっていて、かつ、取引のリスクが少ないこと、が挙げられると思うのですが、そういった意味では、ITの世界は市場が非常に未成熟です。

 

同じシステム開発を依頼しても、開発会社によって2倍、3倍と値段が違うことはざらです。また、IT投資の失敗は、失敗のレベルにもよりますが、60%や70%という高い確率で発生します。企業の投資の中でも、非常にリスクの高い投資と言えるのではないでしょうか。

 

とはいえ、IT業界の企業も、リスクを抑え、安定的にサービスを提供するために、多大なる努力をしてきています。ISO9001やCMMIに代表されるような、システム開発標準の整備や運用の徹底、PMBOK等のプロジェクトマネジメント手法の確立、など。

業界的に、まだまだ改善の余地があるとはいえ、IT開発企業が努力をしていないわけではありません。

グループウェアなど、汎用性の高いシステムから徐々に商品化、サービス化が始まり、利用者が価格を元に選べる状況も生まれつつあります。

 

このような環境下で、IT投資リスクを抑え、より効果的にITを活用するために必要なことは、ITの利用者、発注者側が、よりよい投資、発注をするための努力をすることだと考えます。

中には、IT発注のリスクを低減し、効果的なIT投資を実現するために、組織として大変な努力をしている企業もありますが、業界全体で考えれば、IT開発側が行っている努力に対して、発注側が行っている努力というのは、非常に弱いと思います。特に、IT担当者、プロジェクト担当者の個人的な努力に頼っている企業が大多数を占めるのが実態です。

 

逆に言えば、既に努力している開発側にさらに努力を要求するよりも、発注側が努力する方が、より少ないエネルギーで、大きな改善効果を見ることができます。

実際、これまで、IT発注のプロジェクトのお手伝いをする中で、何度も大きな改善が起きた現場を見てきました。

 

今後、効果的なIT投資の実現や、プロジェクトの成功率を高める方法について、発注側の体制強化に焦点を当てて、コラムを書いていこうと思います。

このコラムに類似したコラム

クラウドシステムの開発は難しい? 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/08/17 07:00)

情報システム発注に不安をお持ちの方へ 坂本 俊輔 - ITコンサルタント(2010/05/27 12:10)

RFP とは 井上 みやび子 - Webエンジニア(2009/12/16 08:00)

クラウドコンピューティング とは 井上 みやび子 - Webエンジニア(2009/11/19 08:00)

要件定義とは 井上 みやび子 - Webエンジニア(2009/05/14 08:00)