茨城県被災建築物応急危険度判定模擬訓練その弐 - 耐震・制震・免震 - 専門家プロファイル

代表取締役
茨城県
建築家
0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

茨城県被災建築物応急危険度判定模擬訓練その弐

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 耐震・制震・免震
その他活動など 応急危険度判定士

判定模擬訓練の続き

判定調査が終わったら、応急危険度判定調査表を作成して

総合判定を出します。

判定結果で「調査済」「要注意」「危険」の判定ステッカーに

コメントを記入(構造躯体等・落下物等が危険かなど)

これで判定は終了です。

 

木造だったら分かるのですが、RCは初めてだったので、大変勉強になりました。

相棒の方に教えてもらって、大体のポイントは掴めました。

 

阪神淡路大震災から、もう15年が経つんですね。

当時は都内でサラリーマンをしていました。朝テレビを付けると、あのペリコプターからの映像が

流れていて、寝ぼけながら「何?地震?どこの国の地震だ?」と思ったことを覚えています。

その数十秒後に、あのきれいな神戸の街と知って。。。

学生時代に一度神戸に旅行(良かったです。)に行ったことがあったので、私自身もショックを受けました。。。

 

当時は今のような仕事をしているなんて、全く想像すらできませんでした。

今、茨城空港が出来て神戸便が毎日でていますので、機会があったら又

行って見たいと思います。

 

 つづく

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(茨城県 / 建築家)
代表取締役

ちょっとした工夫で将来動線にも対応。長期快適な暮らしのご提案

今から将来を見据えて、最初にちょっとした施工工夫を加えてみませんか。「地震に強い」は当然として、省エネや老後・将来の経年改良など最初に工夫して、「将来のコスト負担を出来るだけ減らす」をご提案。知恵を絞って限られた予算の中で最善を尽くします。

0299-24-1343
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「その他活動など」のコラム

このコラムに類似したコラム

茨城県被災建築物応急危険度判定模擬訓練その参 信戸 昌宏 - 建築家(2010/08/19 12:00)

茨城県被災建築物応急危険度判定模擬訓練その壱 信戸 昌宏 - 建築家(2010/08/07 12:00)

「地震調査研究推進本部というところ・・・」 清水 康弘 - 工務店(2013/12/21 15:28)

日本の家は湿気や揺れとの戦い 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2012/12/11 15:00)