お料理がうまくなりたい人へ - 料理教室 - 専門家プロファイル

久米 幸絵
ル・シャンティエ 
神奈川県
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
廣瀬 ちえ
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お料理がうまくなりたい人へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

こんにちは、初めまして。
お料理教室「アトリエ・デュ・シャンティエ」主宰の久米幸絵と申します。

日々のことはブログhttp://lechantier.exblog.jp/
でも綴っていますが、今回は簡単に自己紹介を兼ねて、初コラムを書かせていただきたいと思います。
まずは私のお仕事の大きな柱のひとつである、お料理教室について。

生徒さんは近所の方が中心で、皆さん、教室に通ってこられる目的は様々です。
年齢層は20代から60代までで、たまに男性の受講者もいらっしゃいます。

生徒さんに共通している点は、皆さんとても生活を楽しむ事が上手だ、ということです。
お料理は、家庭の主婦なら嫌でも毎日こなさなければいけない、日常の仕事のひとつ。
最近はデパ地下などのお惣菜も充実しているし、あえてお料理をせずに生活しようと思えばいくらでも可能です。

そんな世の中で、あえて自分で自分でお料理をする理由ななんでしょうか。

いちばん大きな理由として挙げられるのが、みなさんは「お料理するのが好き」だということ。
生きていく上でのルーティンワークとして嫌々作るくらいなら、コンビニや総菜店、
外食産業などに外注してしまえば、料理する時間を他の好きなことにあてることができます。

それをあえて、自分で作りたいと思う人たち。

私も含め、そういう人は「他の好きなこと」というのがお料理だったりします。
要するに、料理やお菓子を作ることを趣味として楽しんでいるわけですね。

私は、お料理ほど生活に密着した、実りの多い余暇の過ごし方はないのではと思います。
私自身の社会人時代、残業続きで帰宅するのが23時過ぎる日々が続いていたときも寝る前に、なぜか肉じゃがのようなお惣菜を突発的に作ったりしていました。

そういうときは特に食べたいからというわけではなくて、忙しすぎて流されてしまいそうな日々の中で、私にとっては包丁を握ってじゃがいもの皮をむき、お鍋を火にかけて料理を作るという一連の行動が、自分らしさを取り戻す時間として、効果があったということです。

それから、また別のお料理の楽しみ方として、その料理の文化的背景を知るということがあります。
色々な場所に旅行したときに、旅先で出会ったおいしい味の背景には、その土地の気候やそこで生活している人たちの文化的要素など、興味深いおはなしが沢山、眠っています。

歴史や文化、宗教などを改めて勉強するとなると少し気合いが必要ですが、身近なお料理に重ね合わせると、とたんに親しみやすいものになります。
ちょっとだけ大げさな言い方をすると、料理を通して、台所を通して世界を知ることだってできてしまうわけです。

そんな風に、いろいろな楽しみ方ができるお料理。

今まで興味がなかった人、これから挑戦してみたいと思う人に、少しでもお料理の世界の楽しさをお伝えすることができれば、とても嬉しいです。


どうぞ、よろしくお願いいたします。


このコラムに類似したコラム

アプリコットチーズケーキ(基礎クラスのレッスン) 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/10/17 00:53)

優しい時間・・・薬膳家庭懐石料理のお店にて♪ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/07/13 20:12)

海の精工場見学ツアー@伊豆大島へ 宮代 眞弓 - 料理講師(2012/10/28 02:23)

やりがい・・・。~今日のレッスンより~ 坂本 孝子 - 料理講師(2012/09/23 19:22)

「今すぐ通いたい人気の料理教室」 宮代 眞弓 - 料理講師(2012/06/05 08:07)