相談力プロジェクト - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相談力プロジェクト

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー
家計の基本(お金との付き合い方) 家計簿

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 りそな銀行の保険窓販で、保障性商品の販売数が急伸しているそうです。同社によると、伸展の要因は「商品ラインの充実と教育の成果」。4~6月では、約3000件を販売しており、7月は半ばで1000件を突破。

 りそな銀行が、2010年4月から「人生設計NO.1銀行」を目指して取り組みを始めた、りそな相談力プロジェクトが、功を奏したのも理由の1つのようです。
 
 

 りそなの「しっかりお金を考える本」の提供に加え、顧客のポートフォリオを考える「ファンドナビ」や、「ライフプランシミュレーションサービス」を導入。ヒアリングシート(内容は、家族構成、資産内容、ライフイベントの状況、ローンの状況など)に基づき、店頭のパソコンを使ってコンサルティングサービスをするというもの。

 
 
 また、通常、住宅ローン契約時に団体信用生命保険に加入することから、“家計見直しのタイミング”との声掛けにより、住宅ローンセンターから銀行店舗への来店を誘導。見直しをする人は、定期、終身、医療にセットで加入することも多いそうです。

 
 さらに、店舗に来店する割合の高い年齢層(資産形成層)に向け、店頭担当者(社員約2000人)の保障性商品の知識向上を同時に図っているとか。

 
 日本人って、どんなに痛い目にあっても、銀行が好きですものねえ

 

 森久美子が提案する家計見直しプロジェクトはこちらhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-18.html

 

このコラムに類似したコラム

進撃の巨人から考える、ライフプラン実現のヒント 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2015/10/06 19:54)

◆住宅展示場へ行ってしまう前にする「住宅」個別相談。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/19 10:00)

もうすぐ保険料が上がる30代の人、多いです。 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/10 18:30)

その家買うの、ちょっと待った~! 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/09 12:00)

住宅ローン、払えなくなったらどうなるの? 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/08 21:00)