住宅ローン競争激化 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

株式会社FPコンサルティング 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン競争激化

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
住宅ローン

最近ネット広告などで住宅ローンの案内が目につきます。すこし過激ではないかなと思うほどです。
例えば東京スター銀行。7月30日までに申込みの人は金利御ゼロにします。あっと言う間に定員の500人に到達したようです。
また新興銀行では住信SBIネット銀行や新生銀行が採算度外視か?と思うような金利を提示しています。
ただこれは単なる値下げだけでなく長期金利の低下も大きな原因です。
確かに銀行にとっては住宅ローンは「ドル箱」ですからおいしい商品ですが、あまり過度な競争はいかがなものかと思います。本来は買ってはいけない人も買ったりする可能性もあるので。住宅ローンはしっかりと選びましょう!  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「住宅ローン」のコラム

ついに0.675%にまで(2013/12/19 13:12)

ついに0.675%にまで(2013/12/19 13:12)

新築平均3490万円なり(2010/07/01 08:07)

今日は住宅相談会in大阪(2010/06/26 11:06)

このコラムに類似したコラム

住宅ローン金利が過去最低 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/01 03:13)

変動型の金利はどのようにして決まる? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/10 12:00)

借地権と銀行の融資スタンス 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/18 12:00)

来月の長期固定金利は上昇必至 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/02/12 12:00)

2月のフラット35の気になる金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2011/02/03 12:00)