暑い時期、身体にうれしいお酢のおはなし - 和食・家庭料理 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暑い時期、身体にうれしいお酢のおはなし

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 和食・家庭料理
よい食材を考え、選ぶこと

こんばんは!
高窪です。

週も後半になりましたね!
仕事もあと一日、暑さにもめげず頑張って乗り切りたいものです。

こんな暑い時の食事に特にかかせないのが、お酢、というのは今までも何度も書きましたね。
ここのところの酷暑で、その思いを新たにしています。

とはいえ、お店に行くとさまざまなお酢が並んでいますね。
純米酢、玄米酢に黒酢に赤酢、そしてワインビネガーなどなど…。
一体、何を選べばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

お酢は、大きく分けて穀類を原料としたお酢と果実を原料としたお酢の2種類に分かれます。
私が小さい頃は穀類を原料とした穀物酢や米を主な原料とした米酢、そして米だけを使った純米酢が一般的だったと記憶しています。

お酢って尖った酸っぱさがあるものだと思っていましたが、料理を作るようになり、いろいろな純米酢を試してみて、メーカーによって味わいが大きく違うことを実感。自分が好きな味わいのものを探し、今は自分の定番と言える純米酢を決めて使っています。

オリーブオイルを使ったワインに合わせるお料理などをよく作るようになってからは、ワインビネガーなどに代表される果実酢もよく使うようになりました。
ワインビネガーも味わいがいろいろで、かなりの種類試して自分の好みの味わいのものを選んで使っています。

果実酢の中でもシードルビネガーやシャンパンビネガーなどは、より酸味の強い味わいで今のような時期にはぴったり。使う量を調整して爽やかな味わいを楽しみます。

熟成が進んだバルサミコ酢は、濃厚な味わいが特徴。
和の調味料、しょうゆともよく合います。
市販のバルサミコ酢の多くは、独特の深い色合いをつけるためにカラメル色素が使われています。裏書きを確認して、ご自分で判断してからのご購入をお勧めします。

選ぶ時のポイントは、とにかく味わってみること!
最初は割高でも、一番小さなサイズのものを購入して実際に使ってみて、自分の好みかどうかを確かめます。
私も何度も何度も味を確かめて、定番のものを決めたことを思い出します。

お好みの味と、よい出会いがありますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「よい食材を考え、選ぶこと」のコラム

このコラムに類似したコラム

【盛付けのポイント】 三井 愛 - フードコーディネーター(2013/06/26 13:21)

3月に「おうちカフェ」をOPENします。 笠井 奈津子 - 料理講師(2012/02/27 18:23)

比べてみれば… 高窪 美穂子 - 料理講師(2011/01/16 23:00)

日本酒に合わせたい、くらかけ豆の浸し豆 高窪 美穂子 - 料理講師(2010/11/12 23:00)