疲れた胃腸にやさしい味わいのにゅうめん - 和食・家庭料理 - 専門家プロファイル

株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家
東京都
料理講師
03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
塚本 有紀
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

疲れた胃腸にやさしい味わいのにゅうめん

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 和食・家庭料理
少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y 毎日の料理

こんばんは!
高窪です。

週も半ばとなりました。
会社では、水曜日を早帰り日としているところも多いようです。
早めに帰って、少しはゆっくりできましたか?
それとも、仲間との時間を楽しんでこられたところでしょうか?

さて、暑い時期になるとどうしても冷たいものを多く取りがち。
飲み物も食べ物も冷たいものばかりで、気がついたらちょっと夏バテ…、ということになっていないでしょうか?

そんな時におすすめなのが、温かいにゅうめん。
おそうめんというと、冷たく冷やしてというイメージばかりですが、実は温かくしていただいてもおいしいものです。
ゆで時間が短いので、ささっと手軽に作ることもできますね。

準備するのは、おそうめん。そして出汁に塩、しょうゆ、日本酒。暑いから根菜を煮るのは時間がかかってちょっと、という方にお勧めなのが、乾燥わかめや卵、ネギなどの具。これなら、あっという間に出来上がりますね。

おそうめんをゆでるお湯を沸かしながら、もう片方で出汁の準備をしましょう。
出汁はあらかじめ多めに取っておいて冷蔵庫で保存すれば、数日間は保存できますし、冷凍庫で固めておけば、1~2週間は保存ができます。

出汁がない場合は、昆布と水を入れた鍋を火にかけ、沸騰寸前で火を止めて鰹のけずり節を入れればOKです。
漉すのが面倒という方ならば、粉鰹を使えば漉す必要もなく全ていただけます。

自然な味わいの出汁でいただく温かいにゅうめんは、胃も心もほっとする優しい味わいです。
皆様もぜひともお試しください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 料理講師)
株式会社アッサンブラージュ 100%天然素材 家庭料理実践家

気軽に作れ美味しく元気になる完全無添加・100%天然素材家庭料理

お料理も、食べるのも気軽に楽しく、そして元気に!アトピー体質の自分の身体と向き合い、楽しみながらお料理して命をいただいた実体験から生まれた、本当に美味しくて元気になる100%天然素材家庭料理が、クッキングサロンM&Yのお料理教室のコンセプトです。

03-5789-8047
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「少人数制料理教室・クッキングサロンM&Y」のコラム

このコラムに類似したコラム

お弁当… 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/07/30 11:06)

実行委員会 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/07/23 00:29)

モカジャバレシピ 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/07/21 10:50)

久しぶりの朝食風景 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/07/15 10:38)

もっとも緊張するゲスト 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/06/11 08:08)