何歳からおこづかいを与えるか。 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

阿部 雅代
エレカ゜ントライフ合同会社 代表社員
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何歳からおこづかいを与えるか。

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
金銭教育
おこづかいを与えるのは、何歳からが適当なのでしょうか。
おこづかい帳を書くということを、考えると、字が書けて、足し算と引き算ができる年齢ならOKでしょう。
アンケートなどだと、小学校の3年生から4年生からというのが多いようで、私自身も、小学校の3年生からもらっていました。
一般的には、この位になると、欲しいものを自由に買いたいという意識がでてくるようですので、それにあわせて検討してみるということでしょうか。
ある意味では、自分の意思で買物をすることは、自立の一歩ですからね。