奥行きのある家は風圧力で壁量が決まります。 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

奥行きのある家は風圧力で壁量が決まります。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
●建物の安全性を求めて ☆より安全に住まうために
台風時の報道で「家の中に居ても、風で家が揺れるのが判る・・・・」と云う言葉を良く耳にします。
これは決して大袈裟な話しではありません。地震も恐ろしいですが、台風の風圧力も非常に恐ろしいものです。
最近は木造二階建てでも応力度計算の依頼が増えています。その時、奥行きの長い家ですと、側面から受ける風圧力が過大になり、往々にして地震力を上回る結果になります。

日本の建築基準法は、安全とする根拠を過去の大災害で受けた、力の大きさを元にしています。すなわち地震については関東大震災。台風で云えば伊勢湾台風が根拠になっています。
「この家は関東大震災に耐えられる様に設計されています。」と云うコメントを良く聞きますが、これは建築基準法を守っていますと云っているのに他なりません。当たり前の事を云っているのです。

幸いにして、最近は大きな台風に遭遇していません。しかし昭和20年〜30年代は巨大台風が頻発していました。
最近、被害がそれ程出ていないのは、建物が丈夫になったからではありません。以前の様な猛烈な台風が来ていないだけです。

家を建てる時は台風時も想定しておきましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム

地震お見舞い申し上げます(2008/06/14 12:06)

より安全に住まうために(2007/06/17 13:06)

水平構面の重要性(2007/06/15 12:06)