世界大恐慌・生活恐慌に備えて - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

築地 聡
やさしいお金の教室(合)エムズアイ広島 所長・業務執行社員
広島県
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

世界大恐慌・生活恐慌に備えて

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
保険・貯金・ローンの最適化 家計見直し・ライフプラン作成

僕のブログでは、以前から近い将来に世界大恐慌や生活恐慌になる可能性が非常に高いと言う事をお伝えしています。

 ・過去記事:通貨危機・食糧危機・エネルギー危機、そしてハイパーインフレ
 
http://blogs.yahoo.co.jp/tsukkin082/1938313.html

上の記事を書いた頃(2008年秋)からずっとそうした事を危惧しています。そして今はもうそうなることを確信しています。

僕は金融システムの崩壊は通貨システムの崩壊でもあり、すなわちそれは輸出や輸入と言ったいわゆる貿易や流通の危機でもあると思っています。

当然それは様々な産業の危機でもあり企業の倒産や解雇によりまだまだ失業率は上がると思っています。

当然、僕の様な保険屋やファイナンシャルプランナーの仕事も無くなるのでしょう。

そしてそれは当然、国の税収や厚生年金や国民年金、健康保険などと言った保険料収入の減少にもなります。

今でさえ厚生年金や国民年金といった老齢年金の存続が危ぶまれていると言うのに、そうした状態になってしまえば殆んど機能出来ない状態に追いやられるのではないかとも思っています。

そうなると役所も崩壊し役人も仕事を失い更に失業率は上がるのでしょう。

そうした思いから今後の世界恐慌や生活恐慌に関する様々な記事を書いている内に、
最近では「そうした恐慌にどう備えたらいいですか?」と言った質問のメールも届く様になりました。

そしてそうしたご質問へのお答えとしては大抵、家庭菜園や農業に係わること、田舎生活や自給自足に近い生活スタイル(ロハス)にされること、田舎の人達と交流を深め人的ネットワークを巡らせることをお奨めしています。
自身の生活を改めたり今後をどうやって生きていくかといったことに投資することが本当の投資だと思います。
(藤原直哉先生いわく‘荒れ地の開墾’が本当の投資だそうです。)
http://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2010/07/201020-4d26.html

そしてそれが本当のライフプランだと思います。
ありがとうございます。

このコラムに類似したコラム

社会保険(厚生年金・健康保険)の加入基準変更と 扶養の条件について考える 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/08/13 17:55)

扶養に関して、103万円、130万円の壁 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/11/22 08:17)

やっぱり農業はすごかった… 真鍋 貴臣 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/08 15:04)

来年から増税 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/01 04:41)

10月1日からこう変わる。 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/05 10:00)