英文添削Before and After - 英語の文法 - 専門家プロファイル

佐野 紀子
ペンパル感覚の英文「楽」習サービスMailPaL(メールパル) 代表
東京都
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英文添削Before and After

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語の文法

英文添削とは、

*文法・スペリングの修正

*ネイティブらしいナチュラルな表現への修正

を言います。

基礎的な英語力をお持ちの方が書く英語は、

十分にネイティブスピーカーに通じると思います。

しかし、英文添削を受けることによって

ワンランク上のよりネイティブらしい英語を学ぶことができます。

下記の英文添削Before and Afterの一例をぜひご覧ください。

(ペンパル感覚の英文「楽」習"メールパル"の「ペンパル返信&添削コース」より)

 

<Before>I am the secretary at the US bank's Tokyo branch. 

<After>I am a secretary of the Tokyo branch of a US bank.

 冠詞(a, an, the)の使い方は、本当に難しいですよね。

特定できる事柄の場合は"the"を使い、一般的な事柄や「一個の」を表わす場合は

"a"や"an"を使います。この場合は、一般的な秘書、銀行のことを言っているので"a"となります。

 

<Before> You said you liked movies.

<After>You mentioned you liked movies.

会話では"said"でいいのですが、この場合は英文メールのやりとりなので、"mentioned"となります。

また、、"mentioned"の方がよりフォーマルです。

 

<Before> However, I better prefer borrowing DVDs or watching movies on cable tv.

<After> However, I prefer renting DVDs or watching movies on cable tv.

無料で何かを借りる場合は、”borrow”でもいいのですが、この場合は

お金を払ってDVDのを借りることについて書いているので、”rent”となります。

 

いかがでしょうか?

ちょっとした文法・語彙の使い方を直すだけで

一段とネイティブらしい英語になると思いませんか?

ネイティブ講師にその都度添削してもらい、

自分では気づいていない

ご自身の間違いにまずは気づくことが大事だと思います。

 

このコラムに類似したコラム

英語の文法 「めざせ満点」特訓 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2013/10/19 12:38)

どうやって英語のスピーキング力をあげたらよいか? Ito Hika - 英語講師(2013/08/21 20:00)

どうやって英語の文法力を上げるべきか? Ito Hika - 英語講師(2013/08/10 13:00)

「など」と異文化コミュニケーション 野村 直美 - 英語講師(2013/06/07 10:50)