住宅ローンの返済が苦しくなったら - 家計診断・家計の見直し - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの返済が苦しくなったら

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計診断・家計の見直し
はじめてのマイホーム(知らないと困る基礎の基礎)

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 収入減などで住宅ローンの返済が苦しくなった場合、家を手放したり、金融機関に延長の相談をするのが一般的ですが、事情が改善するまでのあいだ家を貸して、これまでどおりに返済を続けていく方法が、社団法人「移住・住みかえ支援機構」がはじめた「再起支援借り上げ制度」です。

 

 借上げ制度では、契約は3年更新になっていて、住宅ローンの返済ができるようになれば、契約終了時には確実に家に戻ることができ、加えて、空き家でも一定の家賃が保証されます。

 

 生活の立て直しができるまで住宅を貸し、その期間は実家など家賃がかからない住まいを確保できれば、家を手放さずにすむかもしれませんね。

 ただし、ネックは現在この制度を使うことができるのは、住宅金支援機構(もしくは旧住宅金融公庫)の住宅ローンを利用している人に限られます。

 今後は、民間の金融機関でも、こうした取り組みができるようになるかもしれませんね

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

 9月のスマートマネー塾はオフショア投資の勉強ですhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-20.html

このコラムに類似したコラム

今の家賃7万円に積立て3万してるから、住宅ローンは月10万まで大丈夫・・・? 藤原 良 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/27 12:44)

西日本新聞社:住まいる!に節約コラムを執筆中 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/05 19:20)

ローンによる住宅購入はこれだけ高いリスクが存在します(新ファミリー一族向け) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/11 15:14)

「金利が上がりそう?変動金利住宅ローンの人は気をつけよう」 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/07 13:48)

来月から金利上昇 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/30 09:36)