借金 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、やはり空梅雨でしょうか。

かと思えば、西の方では大雨らしいですし。

なんでしょうか?このアンバランスは。


昨日からの続き、生活費について引き続き考えます。

昨今のような情勢にあっては、実に様々な業種において

売上や利益が前年を割れるという状況が起こっています。

いわゆる「事業の縮小」ですね。


事業の縮小が起こったときに一番苦しいのは「借金」です。

5億の商売をやっていた時の借金5,000万円と、

2億の商売をやっている時の借金5,000万円では

意味合いが大分変わってきます。


基本、商売が縮小することを前提に借入を起こすケースは

それほどありません。

しかしながら、現実ではそういうことが起こるわけです。


そしてこの借金の問題は、私生活における借金も含めて

考えなければなりません。

昨日のコラムで「自宅を買う」という選択をする社長さんの

お話を書きましたが、その危険性はこのような「縮小時」に

顕在化してきます。


事業の縮小に併せて私生活も見直しをする必要があるにも

関わらず、借金が多すぎるためにそれもままならない。

(最近では住宅ローンの返済猶予を相談するようなケースが

本当に増えているようですが)


借金は借金、事業でも私生活でもそれは変わりません。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

なんでかお金がないあなたへ 高橋 昌也 - 税理士(2015/06/16 07:00)

生活と事業 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/26 07:00)

社長さんの好み次第! 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/17 07:00)

手元にいくらのお金があれば大丈夫?という質問 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/09 07:00)

事業形態の変更 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/12 07:00)