ハッピーになる心の持ち方 6~メントレ1~ - 自分探し・感情 - 専門家プロファイル

岡田 百合香
ライフビタミン研究所 ライフメンタルコンサルタント
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ハッピーになる心の持ち方 6~メントレ1~

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 自分探し・感情
セルフハピネス メンタルトレーニング

いろんな出来事があって、それに対して

私たちは様々な感情を抱きます。

誰でも、喜怒哀楽はありますよね。

気分転換が上手な人は、マイナス気分でもサクッとコントロールできたりしますよね。

そんな人はポジティブ気分の時間が長い。

しかし、あんまり上手じゃない人は、マイナス気分になった時、そこの滞在時間が長くなり、

ちょっと疲れてしまいますよね。

マイナス状態にいても元気にはならないでしょうね。

 

そんな時のために、思考の転換です

考え方は、人それぞれ。物事の捉え方は人それぞれですね。

それを、どうせならマイナス気分になる捉え方より、

プラス気分になる捉え方をしたほうがお得ということです

さあ、メントレして、心の筋肉を強くしませんか

例です。。

「上司に怒られた」 (出来事)

「こんなことで、怒らなくたっていいじゃない!」  (考え方)

「怒り」 (感情)

 

こんなパターンは、

「こんなことで、怒らなくたっていいじゃない」と怒っている自分に注目です。

あ~私怒っているぞ~、と気づく。受け入れる

 

「こんなことで?いや、こんなことではなく、重要なことかも。

上司は、私のために怒ってくれた。私を伸ばすために注意したんじゃないのか。

前回だって、頑張れって言って励ましてくれたじゃないか。

いっつも私のことを怒っているわけじゃない。

それに、ムカついても、自分の気分が悪いだけ。

問題の解決もしない。

な~んの得もない。

よし、もう1回頑張ってみよう」

 

と、たとえばこんな感じはどうでしょうか。

こんなこと考えていて、幸せ?

こんなこと考えていて、何か得がある?

こんなこと考えていて、プラスの行動ができる?

などと、自分の考えをいろいろと変換して、心を鍛えてみるといいですよ。

 

またいろいろなパターンで次回へ♪

 

このコラムに類似したコラム

心とは厄介! “私”と心はイコールではない 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2013/07/24 15:51)

勉強会のお知らせ:自分の思いを見つめてみよう 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/06/26 13:22)

必要なものすべては、自分自身の中にある 浅川 智仁 - 営業コンサルタント(2012/03/16 18:51)

ワイルドフラワーエッセンスで「心の大掃除」 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2011/12/15 10:48)