事業と家計による保障の充足 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業と家計による保障の充足

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、昨日はもっと雨が降るかと

思ったのですが、それほどでもなく。


昨日からの続き、保険に関する話題を続けていました。

元々このお話は「事業と家計のバランス」という面から

お話を進めていました。


ここで繰り返し指摘をしておきたいのは、小さな会社では

「事業と家計」を区分けすることにそれほど意味が無い、

ということです。

会社の財布はすなわち社長さんの財布と直結します。


保険契約についていえば、会社で契約していようと

個人で契約していようと構わないのですが、事業と生活

両面についての保障をしっかりと考えて欲しい、という

指摘につながります。

強いていうならば、会社で契約していると経費計上が

しやすいかな、という程度の差です。

大切なことは「事業上、及び生活面において遺される

人々に対する保障」が足りているか、という一点につきます。

(かなりの極論ではありますが)


保険については、まずこの「大前提」を考えるべきです。

「有利な保険」だとか「料率が良い」といった「保険商品の

優位性」については、その後に考慮すべきことです。

最近はその前提がひっくり返ったようなお話が多いように思います。


事業と生活費に関するお話をもう少し続けます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

借入の返済原資 高橋 昌也 - 税理士(2010/07/11 09:58)

保険の本分は「保障」 高橋 昌也 - 税理士(2010/07/08 09:35)

会社を誰が継ぐのか?なども 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/07 07:00)

保険のご利用は計画的に! 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/24 07:00)

保険と運用について 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/18 07:00)