「住宅ができるまで」4-スケッチブックのなかに - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

廣部 剛司
代表取締役
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「住宅ができるまで」4-スケッチブックのなかに

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
住宅ができるまで

住宅ができるまで」4-スケッチブックのなかに

-----

さて、敷地に伺ってからは
頭の中を様々なプランが渦巻きます。
(それこそ夢の中にも登場します)

そして、それをきちんと書きとめるために
スケッチブックをいつも持ち歩いています。


ブックタイプのスケッチブック、耐水性のペン
回転式の色鉛筆、そして三角スケール。

もう、ずいぶん長い間この組み合わせです。
このセットがあれば、どこでも設計の検討ができます。

昔から(大学時代から)外のカフェなどでスケッチをするのが好きです。

ふとアトリエを離れて、人びとの間に紛れているときに
かえって集中できるのです。

さて『黒箱-渋谷H』の場合


1枚目は、かなり初期に描いた一枚です。

ラフではありますが内外の関係や断面などを検討しています。

2次元で、つまり紙の上で建築を検討するときに心がけていること
それは立体的に描いて考えるということです。

具体的にはプランを検討しながらそのつど
ラフなパースをスケッチしています。

これで、平面図などではイメージしきれない部分を
確認していきます。


それが、例えば2枚目のスケッチです。
初期の時点から素材感や光の陰翳、こまかな納まりなどを想像しながら
進めています。

こういった検討をかなりの時間繰り返し
やっとバランスが取れた...と感じたところで
「基本提案書」に纏めます。

ここが建築の方向性を決めてしまうプロセスなので
かなり集中して検討を進めます。

このコラムに類似したコラム

つねに勉強 情報収集 新しい仕様 岩間 隆司 - 建築家(2014/10/03 14:52)

集合住宅を設計していく理由 岩間 隆司 - 建築家(2012/02/21 09:07)

やくわり 岩間 隆司 - 建築家(2011/04/04 16:45)

敷地15坪の二世帯住宅 岩間 隆司 - 建築家(2010/08/18 10:02)

『ファンタジー住宅建築』はいらない。 岩間 隆司 - 建築家(2016/01/08 15:46)