どっちを選んでもいいならどちらを選ぶ? - パーソナルコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どっちを選んでもいいならどちらを選ぶ?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. パーソナルコーチング
セルフ・ヘルプ 選択 (Choice)

世の中は、自分がどうなっていても
何も変わらず進んでいくんだなと思うことは
ないでしょうか。

ともすれば、私なんかいてもいなくても同じ、と
受け止めそうになっちゃうけれど、そう受け止めなくても
いい。

一人の人間の力は、確かに大きくはないけれど
でも無意味と結論付けなくてもいい。

一人がいるからこそ、何かが始まるときだって
あります。

要は、私たちが落ち込んでいようがいまいが、
またはハッピーであろうがそうでなかろうが、
別にどっちだっていいなら、じゃあ自分は
何を選ぶの?というのがポイント。

落ち込んでも、落ち込まなくても状況も世の中も
誰も変わらないなら、落ち込まないほうを選べば
どうでしょう。

言い方を変えれば、何も変わらないなら、なぜ
自分が苦しくなる落ち込むほうを選ぶのでしょう。

ハッピーであろうがなかろうが、誰もとくにケアしない
というのなら、ハッピーでいるほうを選ぶのはどうですか?

ケアしてもらえるためなら、自分が不幸でいるのは
OKなのでしょうか。そんなはずはありません。

怒ってみても、何も状況が変わらないなら、怒りに
自分を消耗させないよう、努力をするほうが、
建設的にエネルギーを使えます。

怒りのエネルギーをかかえていると、自分が
疲れるだけじゃなく、周りにもマイナスの影響を与えます。

怒ってはいけないというのではなくて、怒り続けない、
という意味です。怒りの感情は誰でも持つもの。

よく考えてみれば、誰かをひがんでみても、
うらやましがっても、責めてみても、その人が
不幸になるわけじゃないですよね。

万一その人を惨めにすることができたとしても、
イコール自分がハッピーというわけでもない。

それどころか、かえって自分がみじめになったりします。
人の不幸を願う自分を見つけるときほど、いやな感じは
ないものです。

こうやって落ち着いて考えることは、ネガティブに
なりそうなとき、とても役に立ちます。

落ち込みそうなとき、誰かをひがみそうになるとき、
どの感情を選ぶのか、結局自分がどうなりたいのか、
よくよく自分に問いかけてみれば、どの人も
答えは明白なはず。

ハッピーになりたくない人はいないし、
落ち込みたい人もいないし、ひがみたい人も
いないはず。

本当の気持ちは、ハッピーになりたいし、
落ち込まずに、元気で自信を持って毎日を
過ごしたい、ですよね。

なら、迷わずそのための選択をしてみてください。

 

何かのせいで、そうできないというのは
思い込みです。条件をつけて、ハッピーに
なれない言い訳を、正当化しようとしているだけ。

ただそれも、今までの習慣やパターンであって、
ハッピーになれないのが本来の自分ではないことも
理解しましょう。

だから新しいパターンや習慣を身に着ければ
いいだけのお話。

新しいパターンを実につけるのは難しいと思いますか?

そう思うのも選択肢のひとつだけれど、あえて、
そう思わない選択をするのも、私たちの自由です。

意識を持って、続けていくことで新しい習慣、
見方も考え方も、必ず自分のものになっていきますから
根気を持って、とくに自分に対しては根気強く
取り組んでいきましょう。

いつでも自分が元気になるほう、ハッピーになるほう、
気持ちが楽になれるほうを選んでください。

 

このコラムはこちらでもご覧いただけます。

→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51796182.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

Next time around?(2012/10/04 09:10)

余計なお世話と思ったら(2009/12/28 17:12)

このコラムに類似したコラム

もうムリ!と言いたいときは 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2013/04/05 08:00)

「許す」パワー 根本 雅子 - 経営コンサルタント(2012/01/13 23:00)

マイナス気分にも役割を 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2010/10/01 14:31)

自分の幸せに遠慮しないで 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2010/08/10 17:35)

ネガティブな感情をぶつけてみる 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/09/11 07:00)