辞書なら電子かペーパーか? その3 - 英会話レッスン - 専門家プロファイル

YRC-Casey
Y.R.C. 英会話スクール 教育企画部 マネージャ
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英会話

石田 さおり
石田 さおり
(英語講師)
イムラン
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

辞書なら電子かペーパーか? その3

- good

  1. スキル・資格
  2. 英会話
  3. 英会話レッスン

電子辞書かペーパー辞書かの話では、もう一つ電子の有利点があります。

 

本屋でペーパー辞書を見てみればすぐ分かると思いますが、バリエーションは結構あります。まずは単語数、そして大きさ、重さ、値段も出版社や辞書自体によって様々でしょう。簡単にいうと、単語数が多ければ多いほど辞書が重くて値段が高くなりますね。

 

それでここは問題:ペーパー辞書を買うとき、どれを選ぶだろうか?

 

余計に重いとか余計に高いとかは言うまでもなくて誰でも嫌だよな。重ければちゃんとした机でしか使えなくてソファーや他の座り心地良いところで勉強できない。お金を無駄遣いも良くありません。

 

それでその「余計」を避けるように自分にとってまあまあ単語が入っていて、まあまあのサイズ、そしてまあまあの値段な辞書を選んじゃうだろう。

 

しかしその余計を避けることに、余裕も避けてしまう。辞書を買うのは勉強をしているだからだね。勉強を続ければ上達する。上達すれば今のより深くて、面白い英語の話に進む。そしてその話に進むために、いずれに今のよりもっとハイ・レベル、ぴったりの単語を使いたくなります。

 

すなわち上達すると単語のニーズも上がります。その時がやってくると以前買った「まあまあ」レベルのペーパー辞書が壁になってしまいます。「探している単語が載っていないときが結構あるけど、載っているときもあるからこの辞書のままで行こう」。完全に新しい辞書を買わなければだめって気持ちになかなかなれないせいで、単語レベルが伸びなくなってしまう。

 

その代わりに電子辞書の方は安いのでも単語はけっこうすごい数が入っています。同じのを5年、10年使ってもおかしくはない話です。ペーパーのとは違って、自分の英語が上達するとき、そして単語ニーズが上がるとき、電子辞書なら着いてこられる。

このコラムに類似したコラム

英語学習の壁の正体 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/07/22 14:23)

クライアント様カルテのご紹介 ~Session in June~ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/24 12:26)

【Q&Aシリーズ 第7回】 英語発音 ザ ジングルズ 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/19 15:41)

【英語ことわざ】「The hasty angler loses the fish (せいては事を仕損じる)」 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/06/03 17:11)

最も効果的なリスニングの向上法とは? 白尾 由喜子 - 英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師(2015/05/14 17:34)