その2 まずは為替に親しもう:売るとき - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その2 まずは為替に親しもう:売るとき

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
外貨建て商品はこう始める!
買うことが分かれば、今度は売ることを理解しましょう。

せっかく買った品物が不良品、返品しなくちゃ!というケースで考えます。

200ドルで買った品物を返品すれば、200ドル返ってきます。

さあ、今度はドルを円に両替してみましょう。為替レートが1ドル115円だとすると、返品で戻ってくるお金は23000円です。

円をドルに両替するとき、為替レートが1ドル120円だったAさん。買い物に必要だった日本円は24000円でしたから、1000円少なくなってしまいました。

為替レートが1ドル105円だったBさんは21000円で買ったのに、1000円多く戻ってきたことになります。

1ドルという商品を120円で仕入れ、115円で売ったら損。1ドルという商品を105円で仕入れ115円で売ったら、儲け。

そんな風に考えると分かりやすいですね。


外貨建て商品を売るときも同じ。両替した時の値段より少しでも高い日本円→円安の時、で売るのが「お得」なのです。



次のコラムを読む

ワイズライフFPコンサルタントお金の学習室へ