自己否定のクセはどうやって始まるの? - 自分探し・感情 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己否定のクセはどうやって始まるの?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 自分探し・感情

恋愛がうまく行かない、人間関係がうまく行かないと感じる方の多くに、自己否定の感情が存在します。

「私は悪い人間だ」
「私はダメな人間だ」
「私はひどい人間だ」
大きく分けて、このみっつがあります。
自分を裁く、見下す、嫌う、ということです。

しかし、どうしてこんな感情を持つようになるのでしょうか。
典型的なパターンは「親から否定され続けたので、それを取り込んでしまった」というもの。

この、親から否定され続けた、という言葉。本人が自覚していないこともあります。というのも、あからさまに言葉で否定されたこと以外にも、色々なパ ターンがあるからです。

・言葉では「お前はかわいい」と言うが、家に居着かない父親
・父親の悪口を子供に吹き込み、暗に「私の味方だけをしておくれ」というメッセージを与える母親
(子供は母親が立派に育ててくれたと思いこむと同時に、立派=自己犠牲&悪口という間違った観念を持つ。そして、当然そんな考えを受け継いだ自分を嫌い になる)
・親が忙しく、子供に「私はここにいてはいけない」と感じさせる雰囲気があった。

ほかにも、
・親に性別を否定された
・親自身が自分の「性」に嫌悪感を持っている
・親に「お前がいなければ(楽だったのにetc)」という意味のことを一度でも言われた
などの出来事がきっかけになり、自己否定が始まることもあります。


親との関係以外で、自己否定のきっかけになり易い出来事は、
・いじめ
・初恋の時にひどい男に当たった
・家族の死
・家族との離別(親の離婚、養子に出された、など)

また、
・子供の頃の病気(ぜんそくなど)
これも、性格の形成に大きな影響があります。


大人になって、よく起きる人間関係のパターンと、そのときに感じる感情が比較的決まっているのであれば、子供時代に似たような感情を感じた出来事を探って みると、大人になってからのパターンの根っこになった出来事が見つかります。

根っこになった「自己否定のきっかけ」は、人によってまちまちで、多岐にわたるため、見つけるのはぜひ恋愛セラピーをご利用下さい。自分で「これが原因だ」 と思いこんでいたが、実は勘違いだったという相談者の方は意外に多いのです。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

自分の心をグラフにしてみる 人間関係に苦労する方の特徴① 杉本 まき - 心理カウンセラー(2013/08/23 15:57)

自分の心をグラフにしてみる 杉本 まき - 心理カウンセラー(2013/07/17 14:48)

生きづらさを抱えている身近な人をサポートする6つのポイント3 池内 秀行 - 心理カウンセラー(2010/09/10 14:42)

「居場所」は複数あった方が楽~精神のノマドのすすめ 田尻 健二 - 心理カウンセラー(2016/11/01 19:59)

運がよい・悪いとは? ― “運” を高める力をつけよう ① 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2016/02/09 18:10)