ホームページは「集客」と「誘導」で考える その1 - Webサイト戦略 - 専門家プロファイル

鮎飛 龍男
有限会社ムーブ・フォーエイト マーケティング・プランナー
岐阜県
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ホームページは「集客」と「誘導」で考える その1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Webサイト戦略
Web制作

「ホームページさえ作れば」は過去の話。
ホームページは重要な見込み客獲得ツール、もしくは受注ツールとしてしっかりプランを立てなければ効果は生まれません。

しかし、漠然と考えても、どうしていいかわかりませんよね。
そこで、「集客」と「誘導」の二つに分けてプランしましょう。

「集客」とは、ホームページへの集客です。アクセスを集めることです。

「え?それって、ホームページつくってからでいいんじゃないの?」

いえいえ、プランから考えなければうまくいきませんよ。
そもそも、「誰を」集客するのでしょうか?
「誰でもいいや」では決してうまくいきません。仮に集まったとしても、すぐに帰ってしまう「直帰者」ばかりで効果につながりません。

そこで、「誰に」来てもらいたいかを決めます。
絞り込んだ方が高い効果が得られます。

さて「誰に」を決める方法ですが、あなたの商品やサービスを「お願いですから私に売って下さい」という人はどんな人かをイメージします。

カバンの中身は極力減らしたい、でもメールチェックは必須だし、商談時には画面でプレゼンテーションしたい。手頃なデジタル機器は無いかなぁ・・。
この人が「お願いですから私に売って下さい」という商品はなんでしょう? iPadのようなデジタル機器ではないでしょうか。

逆に商品から考えてみましょう。
ここに「電波腕時計」があります。これを「お願いですから私に売って下さい」という人はどんな人かイメージしましょう。

特徴としては、電波を受信していつも正確な時刻を刻んでいます。自動で調整しますので、面倒な時刻合わせも必要ありません。
正確な時刻が重要な職業の人、例えば、交通機関や放送に携わる人などがいらっしゃいますね。

そんなに絞りこんだら、他の人は買わなくなるのでは?
そういう心配はありません。そんな時間に敏感の人達が使っているのなら、と、その魅力を再認識した人達が反応します。

「誰に」が決まれば、ホームページがどんな顔をしていればいいかが見えてきますね。
どんな検索キーワードを使うかも見えてきますね。

そう、「集客」で重要なのは、「誰」を集めるかなのです。

集客できたら次は「誘導」です。これは次回ご案内します。

このコラムに類似したコラム

検索エンジン対策について 三井 博康 - Webプロデューサー(2013/12/09 17:48)

いい加減な計画を立てましょうーウェブ解析ではどう比較するか?ー 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/08/18 12:08)

出来の悪い人に共通する「7つ」の行動 森 美明 - Webデザイナー(2013/07/22 15:59)

アメブロカスタマイズ:歯科医院、歯医者の事例 昆野 世宙 - Webプロデューサー(2013/06/21 16:45)

加藤公一レオさんのコラムが非常に参考になるので紹介 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2013/04/25 11:23)