空白の一日 の日々 - コラム - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

空白の一日 の日々

- good

報道される出来事で むかしの記憶が よみがえることがあります。

江川 が 巨人と契約した。

知ったのは 高校二年生の修学旅行先の たしかフェリー船のうえ。
( ‥トシが わかってしまいますが。 )
たしか ドングリ・メガネのKくんあたりが ラジオを聞いて叫んで
いたのです。なにをトンチンカンなことを、と みな 思いました。

ドラフト会議の前日
巨人入りを熱望する法大の江川が前年の他球団一位指名をけって浪人。
はたして この年 巨人が一位指名を獲得できるかが 注目だった。
ただ 球団のドラフト指名選手との契約権があるのは ドラフト会議
の 前々日 まで、 という ほとんど だっれも知らない規約にて
ドラフト会議の前日 は 空白の一日。 どの球団とも 契約可能と。

その日の 宿のテレビ で ようやく ことの次第を知った。
ずっこい ことを したのだな。
どろどろした感覚が、修学旅行の思い出の一部となっているようだ。

次の日 巨人はドラフト会議をボイコット。
江川の交渉権は 抽選で 阪神に。
その後 コミッショナーの裁定により 江川は一旦 阪神に入団し
そのまま 巨人へトレードされる ということで決着がついたのだ。
キャンプインの前日である。
そのトレード要員とされたのが 当時の阪神社長ご指名 小林繁投手
だった というわけだ。
もう リアルタイムで知らない方々も 多いことと思います。

小林投手も 江川投手も その後の活躍は それはそれで輝かしい。

小林繁さん。やすらかに。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。