面接での人の見抜き方、いい人材の集め方 - コラム - 専門家プロファイル

Adual株式会社 代表取締役
神奈川県
保険アドバイザー
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

面接での人の見抜き方、いい人材の集め方

- good

“使えないヒトはいない”

大切なのは、まずそのヒトのいい所はどこか、次にその長所が活かせる場所はどこか、を考えることです。

有名な話ですが、大リーグで数々の偉業を達成しているイチロー選手は元々2軍生活を余儀なくされていました。
今でこそ代名詞である振り子打法は、当時1軍首脳陣からは否定されており、このことが1軍定着を妨げたと言われています。
流れが変わるのは仰木監督が就任してからで、イチロー選手はすぐに1軍に抜擢されました。
打撃センスを見抜いた監督は、最初は2番バッターに。
ホームランよりはヒットを打つことが適していると感じ、程なく打席数の多い1番バッターに据えました。
イチローはこの年に、日本球界初となるシーズン200本安打を達成しています。
また、この年の記録は210安打まで伸びました。

労働人口は減少しており、今後も増える可能性はまずありません。
現在は不況を乗り切るためのリストラの影響で一時的に職不足ですが、近い将来は改めてヒト不足時代になると考えられます。
どの企業もまだ台所事情は苦しいですが、景気が持続的な回復段階に入った今のうちに将来の布石を打っておかなければ、本格的な競争に再突入した際間に合わなくなります。

面接というヒトと接する最初の段階では、相手の全てを知ることはなかなか難しいものです。
面接官も場数を踏めば踏むほど、過去の負のイメージに引きずられがちです。
ただ、基本的に求職者は面接という場所柄100%の実力を出し切れるものではありません。
大切なのは面接官の「振るいにかける」という意識の改革。
面接官にとってあるべき採用の姿は、「自分より優秀な人間を採用する」という心構えを持つことです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。