◇ ケロッグモーニングセッションにて - コラム - 専門家プロファイル

鮎川 詢裕子
クラリティマインド 
東京都
ビジネスコーチ
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

◇ ケロッグモーニングセッションにて

- good

こんにちは。ご来訪ありがとうございます。

今朝(25日)は「変貌するMBA 社会起業のうねり」というテーマで
ケロッグ経営大学院に留学され、今月kaienを創業される鈴木慶太さんの
お話を伺ってきました。
http://www.kaien-lab.com/

私はムハマド・ユヌスさんの存在を知った時から
社会起業について少し興味を持つようになりました。

今回は

・MBAで社会起業ブームが起きている現状

・高機能自閉症者(HFA)を雇用し、営利企業として社会的ミッションを
 持って創業される経緯や体験を伺うこと

を目的に参加して来ました。


私なりに印象に残ったのは

 ・資本主義の素晴らしさと出来ていないこと
   豊かさの指標は格段にアップし、これによって世界は良くなっている。
   しかしながら全てが良くなってはいない。
   市場原理から外れた貧困層に対し、社会起業によってできることがある。

 ・渡米3日前にわかったことから渡米の決断

 ・より大きな世界観でつながる価値観によるつながりと問い

 ・自閉症者の方に対して「この人にどんな力があって何ができるのか?」
  という視点
   「強さを生み出す触媒になりたい」という想い
   この言葉には共感するところが大きかったです。

 ・大きな世界を見ていらっしゃる視野の広さ

 ・1つのことを大きな一つにする

 



問いとして、自ら問い続けていきたいと思ったのは


 ・なぜあなただったらできるのか?
  
 ・壁はいくつもある。
  全ての壁が取り払われた時、あなたのプランは何が本当にできるのか?




kaienがアジアに広がっていく日を楽しみにしています。

そして、その先の未来へ…。




貴重なお話をありがとうございました。