4-0!キリンカップVSベルギー観戦記at国立 - コラム - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

4-0!キリンカップVSベルギー観戦記at国立

- good

4-0!キリンカップVSベルギー観戦記at国立


環の小坂です。

5月31日に国立競技場に行ってきました。
サッカーキリンカップ(日本代表VSベルギー代表)です。
指定席でしたが気合を入れて2時間前にスタジアム入り。
一緒に行った会社の人もサッカー好きなので、
色々話をしながら待機です。

個人的な興味は中村憲剛の司令塔と長友の状態。
中村憲剛ユニフォーム(背番号14)を来ての観戦です。

ベルギー代表は若手中心で中1日での試合。
北京五輪4強ですが、日本が優位に進めることは想像できたので、
どんな進化があるのか楽しみでした。
本田・矢野あたりにも期待していました。

さて、メンバーですが、GKは守護神・楢崎、DFは内田、中澤、田中闘、長友と
いつものメンバー。
MFはボランチに遠藤と長谷部、右に中村俊輔、左に岡崎で真ん中に中村憲剛。
トップは大久保です。

ポジションチェンジは激しく、大久保と岡崎、W中村同士、遠藤と憲剛など
結構動いていました。

大久保の惜しいシュートもあり、なかなか点が入りませんが、
中盤に2点立て続けに入ります。

まずは、中での崩しから憲剛のパスを受けた長友が角度がないところから
意表をつくシュートで先制。

観戦していた場所から遠かったので見づらかったですが、いいシュートです。
祝杯をあげようとビールを頼んでいる間に、今後は憲剛。
大久保からパスを受けてそのまま中央に切れ込んでシュート。
これもいいシュートでした。

その後少し停滞しましたし、トゥーリオの危なっかしいプレーもありましたが、
なんとか0点に押さえ、前半終了。

後半は開始から中村俊輔→本田、長谷部→橋本とメンバー交代。
ベルギーの反撃もあって攻められていましたし、なかなか前線にボールが
落ち着かない状況でしたが、だんだんペースを戻すと、
本田から大久保にパスが通り、そのセンタリングを岡崎が得意のダイビングヘッド。
よくもまあ、あんなに低い位置でヘディングできるなという見事なシュート。
大久保のセンタリングも良かったですが。。

選手の交代も続き、遠藤→阿部、岡崎→矢野、中村憲剛→興梠、田中闘→山口と
選手交代。
矢野が右サイド、本田が中央、興梠が左、大久保がトップという感じでしたが、
ポジションチェンジは多かったです。

そして長友のセンタリングを矢野が合わせて4点目。
その際大久保が負傷し(何故負傷したのかよくわからなかった。。。)
見事4-0で勝利。

採点すると、(大勝なので全体的に良いですが)
楢崎6.5、内田6.0、中澤7.0、田中闘5.5、長友7.0、遠藤6.0、長谷部6.5、岡崎6.5、
中村俊6.5、中村憲7.5、大久保6.5、
控えだと橋本6.0、本田6.5、阿部6.0、矢野7.0、興梠6.0、山口6.0って感じです。
中村憲と長友、中澤が特に良かったです。

ただ、ベルギーもいまいちだったので、6月6日にどう試合になるか。
「憲剛システム」はうまくはまったし、体調不良だった両サイドバックも戻ってきて、
心配はFWだけ。トップには岡崎が入るのか、矢野が入るのか。

日本得意のセットプレーですが、前半は中村俊と遠藤、後半は中村憲と本田が蹴っていましたが、
珍しく得点がなく、喜んでいいのかどうかわかりませんが、
流れの中から4点取れたのは大きいです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。