トヨタ世界選手権観戦記 - コラム - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トヨタ世界選手権観戦記

- good

トヨタ世界選手権観戦記


昨日新横浜の日産スタジアムにトヨタ世界クラブサッカー選手権観戦に行ってきました!
3位決定戦 G大阪VSバチューカ(メキシコ)
決勝戦 リガ・デ・キト(エクアドル)VSマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
の2試合。

1試合目の段階では観客の入りは半分ぐらい、決勝戦は満員でした。
(本当に空き席がない満員を見たのは初めてです)

今日は決勝戦の感想を。。

攻めるマンU、守るキトという構図がずっと続き、
キトは21番のマンソーがパス交換や突破から鋭いシュートを打つのが目立つぐらい。
マンUは4−4−2のフォーメーションでしたが、
実質的には4−2−4(2−4−4といってもいいかも)で中央のウェイン・ルーニーとデベス、
サイドのC・ロナウドとパク・チソンがポジションチェンジもしながら
ドリブルやパス交換でがんがん攻めて来ます。

この日切れまくっていたのはルーニー。
突破もいいのですが、トラップ、そして果敢にどんどんシュートを打ってくる。
難しい位置でもゴール枠内に鋭いシュートががんがん飛び、
GKのファインセーブ連発がなければ前半で試合が決まりそうな感じの試合でした。

ただ、キトが常に5人(フォーメーションは4−1−4−1もしくは4−2−3−1のように見えました。)
残っていると、マンUの攻撃陣4人が渋滞のようになりスペースがなかなかないようにも感じました。

前半は0−0で終了。

後半は4分にビディッチが一発退場となり、デベスを下げてDFを投入する必要があり、
厳しくなるかもと思いましたが、結果的にはこれがマンUにとって吉と出たようです。

フォーメーションを4−2−3(守備時は4−4−1)に変わったのですが、
中央にC・ロナウド、ルーニーが左に動き、パクが右に動き、
前半とは打って変わってポジションチェンジもほとんどなく、
同じような形で攻め続きます。

おそらく背が高いロナウドを中央に置き、サイドにスピードのある二人を入れるという作戦ですが、
これがあたっていました。

スペースが出来たため、各自の持ち味が発揮され、
両サイドバック(特にエブエ)もかなり前線に顔を出すようになります。

そしてついに先制点。
MFキャリックからロナウドにパスが通り、フェイントでDFをひきつけた後、
左に上がってきたルーニーにパス。

それを右足でノートラップでファーサイドに打ち込むという難しいシュートをルーニーが決めます。
ルーニーはすごいですね。
併走していたDFや寄せてくるDFに隙を与えず、それまでファインセーブ連発のGKも届かないファーサイドに
右足でダイレクトシュートというのはなかなか出来ません。

その後キトが攻めるかと思いきや、それでもあまり攻めてこず、
マンソー等のシュートもファンデルサールの好セーブで
最後まで鉄壁な守りが崩れず、1−0でマンUの「圧勝」。

試合後のセレモニーは花火などもあり、盛り上がりましたが、
ゴールデンボール(MVP)はルーニー。

準決勝のゴールもすごかったですが、
FWの中では世界最高といっていいいでしょう。
メッシー・カカ・Cロナウド・イブラヒモビッチなどよりもスーパーだと思います。

控えにGネビル、ポール・スコールズ、ライアン・ギグス、ベルバトフ、フレッチャーなどがいる
マンUは選手層も厚く、今年のCLでも期待です。

来年から2年間UAEにクラブ選手権は移るらしいですが、その後2年間は日本での開催が決まっていて
今から楽しみです。

「トヨタ」も赤字決算予測が出ていますが、「presented by TOYOTA」はまだまだ続きます。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。