7月9日:東京ヤクルトVS横浜観戦記(at神宮球場)】 - コラム - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

7月9日:東京ヤクルトVS横浜観戦記(at神宮球場)】

- good

7月9日:東京ヤクルトVS横浜観戦記(at神宮球場)


9日、平日にも関わらず神宮球場に行ってきました。

最近外苑周辺の商談が増えてきたのですが、
いつも国立競技場や神宮球場、秩父宮などを通り過ぎていて、
来たいなと思っていましたがチケットが手に入ったので来ました。

着いたときには既に4回表まで進んでいたのですが、
その時点で「6−6」。

横浜が村中を攻めて初回に5点先制したにも関わらず、
移籍後初先発の真田が3ランを含め4点初回に失い、
3回に追いつかれます。

共に7番ショートに外国人を置き、いまいち迫力不足の打線ですが、
横浜の7番ショート「ジェイジェイ」が来日初本塁打。
ちなみにジェイジェイはこの日来日初安打も放っています。

ジェイジェイもヤクルトの7番ショート「ウィルソン」も守備は上手いです。
守備範囲が広い上に、肩も強く、守備で何度か歓声を得ていました。
さすが石井琢・宮本からショートのポジションを奪っただけのことはあります。

ヤクルトは8回に1死満塁というチャンスで宮本・青木が凡退し、
最後は寺原が抑えて横浜が22勝目を挙げました。

2チームとも選手層は厚いとは言えず、特に先発投手陣に不安を抱えていますが、
この日の村中・真田両先発共に乱調で、頭が痛いでしょうね。監督は。

その上、ヤクルトは宮本・青木、横浜は村田を五輪チームに出す可能性が高く、
ヤクルトなら川島慶・田中あたり、横浜なら吉村・金城あたりの奮起が必要です。

神宮球場で大学野球の試合も見ることはありますが、
プロ野球の試合を見るのは95年の日本シリーズ(伝説の小林VSオマリーの13球)第4戦以来でした。

電光掲示板も新しくなり、両翼が広くなり、昔ながらの野球場の雰囲気を残している
牧歌的な球場としてまた観戦に行きたい球場です。

今年はこれで国立・秩父宮・神宮と外苑3球場観戦ともなりました。
この辺は好きです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。