インタビュー2 - コラム - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インタビュー2

- good

おいおい、話題ふっといてそんな突っ込み方すんなよ・・・
「いや、その・・・昭和56年に新耐震設計法と云う法律改正がありまして、それ以前の建物は耐震的に問題があると云う意味です。」
「あーそう云う事ですか。私は木造の家なんでひとまずは安心なんですけど・・・」
「木造の家はもっと怖いですよ。平成12年以前の建物は耐震診断を受ける様に勧めています。」
「えっ!公庫仕様だったら大丈夫でしょ?」
「う〜ん。公庫仕様であれば、ある程度の品質は確保できていますが、それが耐震的かどうかは別問題ですね」
「え〜っ。一生に一度しかしない買い物なのに、あんな高いお金を出して、ローンも残っているのに、そんなに不安なモノに住んでいるのですか?」
「いや〜その〜、建物は建てた時にお金を払えばそれで終り、と云うものではないでしょ?車にだって車検がある、家も数年措きに点検して、不具合を直す方が長く住めるのではないですか?」
「車検?なるほど家も手入れしなければイケナイのか・・・これはココを強調して記事にしなければ・・・」

この人は家を建ててしまえば、何の手入れもせずに一生暮らせると思っていたのでしょうか?家のリフォームって風呂やキッチンの交換だけではないと思うのですが、世間の認識ってどんなものなんでしょう?急に知りたくなりました。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。