高齢者のための施設 - コラム - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高齢者のための施設

- good

社会的入院を減らす方針から施設における役割が重要になってきます。

しかし、一般の方には施設の名称と特徴がわからない方が多いので、区別してみました。ご参考にどうぞ。

1.老人福祉施設

1)特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
 常時介護を必要とし、自宅で介護を受けられない高齢者を入所させることにより、入浴・食事の提供・機能訓練などの便宜を提供する施設。

2)ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
 自炊が困難であり、自宅で介護を受けられない高齢者が定額料金で入居し、生活相談・入浴・食事の提供・緊急時の対応などを受ける施設。
 他の老人福祉施設と異なり、公的措置に基づく利用ではない。

3)認知症高齢者グループホーム
 中期程度の認知症高齢者を対象とし、小規模で家庭的な生活の場(定員5人以上9人以下)において、生活援助員とともに、食事の支度・清掃・洗濯などを含め、一日中共同して家庭生活を行う施設。
 認知症の進行を穏やかにし、認知症高齢者の福祉の増進を図ることを目的としている。認知症があるものの、概ね身近の自立ができている老人が対象。

4)介護療養型医療施設(療養型病床群)
 病状が安定している長期患者であって、常時医学的管理が必要な要介護者のための治療機能・医療機能をもった施設。

デイサービス・ショートステイについては次回ご紹介いたします。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。