ご主人様を裏切って - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ご主人様を裏切って

- good

■2006.02.02(thu)
これは、『腹を下せ』という信号が無意識に脳から出ているんだな。
何かで聞いたはなしで、
睡眠の目安になっている8時間というのは、脳の中で情報整理ために必要な時間で、
肉体として必要な休憩は3時間いいのだ、という話しを聞いたことがある。
確かに、寝不足続きだと、思考がループしてしまったり、
簡単なことにも気が付かなくなったり、
イライラしたり、モノの見方が偏狭になったり、
徹夜が続けは、現実と夢の区別があやしくなったり、最後には幻も見える。
頭の状態としては、確かに良くない。
しかしながら、寝不足になるにつれて肉体の方も、
腹を下すし、腰痛は酷くなるし、首の筋が寝違えたようにおかしくなってしまったり、
あっちこち筋肉がピクピクいい出すわ、
やっぱり肉体もおかしくなる。
あぁ・・・体がキツいと思いながら、
バスに揺られていて、あ、そうか、考えが繋がった。
寝不足で脳がオーバーヒートしちゃっているがため、
“脳が”体に指示を出しているのだ。
『腹を下せ』『筋肉を痙攣させろ』
『首を硬直させて、ビキッ!となりやすくしとけ』
体にダメージを与えて、
無理矢理にでも休息をとらせ、
睡眠に持ち込もうという、裏ボスの策略だったのだ。
体って偉いなぁ・・・。
ご主人様を裏切ってまで、意識の外から、
健康を管理してくれようとするんだもの。
それにしても、もう何日目だろう。
腰のホッカイロが手放せない。
当分休める見込みもない。
今が踏ん張りどころ。
と自分に言いきかせて、・・・何週間経つんだ?
(このところのdailyは写真がありませんねぇ・・・)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。