ゴミ - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴミ

- good

■2005.12.22(thu)
一週間ほど前からだろうか、
コドモが「ゴミ」というコトバを言うようになった。
じつは、ゴミの定義というのは、けっこう難しい。
簡単に言えば、「いらなくなったらゴミ」ということであるが、
いるか・いらないか、は主観である。
初めからゴミとして生まれてくるものなど、ほとんどあり得ないわけで、
「もうこれはゴミである」と誰かが判断する時点があるわけだ。
その判断までは、それはゴミではなく、
贈り物の包み紙だったり、ちぎったパンだったり、バーゲン案内のハガキだったりするのだ。
コドモが「ゴミ」というコトバをほぼ正確に使えているというのは、
単に、鼻の長い四つ足を見て「ぞぉさん♪」と言うのとはわけが違う。
常識的・社会的な物事の判断がほぼできるようになった、ということだと思うのだ。
うーん、恐るべし、1歳9ヶ月。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。