「お金がない」のに「保険は払う」不思議 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「お金がない」のに「保険は払う」不思議

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

こんにちは、今日は比較的涼しいですね。

本当に雨が少ないのが気になりますが。


昨日からの続き、保険に関するお話。

まず大前提として「事業上、あるいは法人契約の保険」と

「自分で入っている保険」については併せて考えます。

というより、ここ最近何度も書いていることは

「これを分けることに意味が無い」ということを

延々と説明しているわけです。


そう考えてくると、不思議なことがあります。

事業上において「お金が足りないから融資でも受けよう

かと考えている」と言いながら「いくつもの生命保険に

加入している」ようなケースです。


単純に考えて、その保険を見なおして、その分を

事業上の資金に回せば良いのでは?

ところがここで「積立保険は自分のためのもの」と

いった考えが先行してしまい、事業とのつながりが

中々意識できないのですね。


明日に続けます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

手元資金に余裕がないと運用は難しい 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/05 07:00)

多くの節税が非合理な理由 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/09 08:15)

お金の流動性は重要 高橋 昌也 - 税理士(2010/07/06 09:19)

意識の問題 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/01 07:00)

売上1,000万円について 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/29 07:00)