マイホームで節税 2億円贈与でも非課税 その2 - 副収入・税金対策 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイホームで節税 2億円贈与でも非課税 その2

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 副収入・税金対策
税金

(1)2億円でも非課税に

 マイホーム取得のための贈与税非課税制度を最大限利用すると、一体いくらまで税金がかからないのでしょうか。

 

 例)

父親と母親から相続時精算課税を選択し、それぞれ4,000万円、合計8,000万円。

父方と母方の祖父と祖父母から暦年課税を選択し、それぞれ1,610万円、合計6,440万円

両方合わせて、1億4,440万円。

これを夫婦それぞれが行うと、2億8,880万円

 

上記以外にも、もう少し工夫するとさらに非課税となる金額が増えます。

 さすがにここまでやる人もいないと思いますが。

 

 (2)住宅ローン控除との関係

贈与と住宅ローンを合わせてマイホームを取得する場合、要件を満たせば、ダブルでの適用もできます。

  

(3)申告が必要

マイホーム取得資金の贈与税の非課税を利用するには、申告が必要です。

 贈与の年の翌年3月15日までに(期限は所得税の確定申告と同じ)、住所地を所轄する税務署に申告書のほか一定の書類の提出が必要です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

住宅取得資金援助 相続時精算課税制度 その3 佐藤 昭一 - 税理士(2010/07/15 17:35)

住宅取得資金援助 単純贈与(暦年贈与)の場合 佐藤 昭一 - 税理士(2010/07/15 17:34)

贈与税の金額 佐藤 昭一 - 税理士(2010/07/05 16:42)

住宅取得資金の贈与の非課税 佐々木 保幸 - 税理士(2012/05/21 16:10)

贈与税 1億6千万円非課税 大黒たかのり - 税理士(2011/12/26 13:31)