外壁材のコーナー材 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

Qull一級建築士事務所 
東京都
建築家
03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外壁材のコーナー材

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
ミンナノイエ

横浜で進行中の「ミンナノイエ」。

「ミンナノイエ」の外壁の仕上げ材は、サイディング張り。

一般的な住宅の外壁材として、サイディングがもっとも多く使われています。

タイル調のものや、石目調、ストライプ超にフラットタイプなど、沢山の種類があます。

機能や施工のしやすさ、コスト等を考えると、サイディングは、非常に優れている商品です。

製作技術も発達し、タイル調なども、一見本物のタイルを張った様に見えるものもあります。
施工の納まり上、出隅、入隅等のコーナー部分に、同じ柄のコーナー材を使用し、施工することが一般的ですが、この納まりが、私どもからすると、美しくない。
せっかく本物に見えるところを、この同柄コーナー材で、模造品としてしまう。

「ミンナノイエ」は、この同柄コーナー材を使用せず、アルミの金物でコーナーを納めました。

左の写真は、出隅コーナー部。シルバーのアルミ金物がシャープに角を縁取っています。

右の写真は、インナーバルコニー廻りのアルミ金物の納まり。

サッシと同じシルバー色の為、サイディングに、細いシルバーのラインが回り込み縁取られた、デザインとなっています。

一般的な納まりではなく、ちょっとした工夫で、他とは違う、外壁のデザインとなりました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
Qull一級建築士事務所 

限られた条件を最大限活かす。普通なのにどこかかっこいい家を

ありふれた住宅の既成概念にとらわれず、奇をてらっているわけでもない。都会の限られた条件のなかでも、住む人の個性やライフスタイルを感じさせる。「どこかカッコイイ!」「なんだか気持ちいい!」そんなスタイルの提案をしています。

03-5701-0402
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ミンナノイエ」のコラム

竣工写真のご紹介part14(2010/10/04 17:10)

竣工写真のご紹介part13(2010/10/02 17:10)

竣工写真のご紹介part12(2010/09/28 17:09)

竣工写真のご紹介part11(2010/09/26 17:09)

竣工写真のご紹介part10(2010/09/21 17:09)

このコラムに類似したコラム

ついに全貌が露わに!!! 松永 隆文 - 建築家(2016/04/21 11:30)

ALCの建て込み 松永 隆文 - 建築家(2016/04/19 14:23)

プラスターボード張り 松永 隆文 - 建築家(2016/04/18 09:41)

型枠の外し 松永 隆文 - 建築家(2016/04/15 14:12)

外壁工事が始まりました 松永 隆文 - 建築家(2016/04/11 14:47)