弥生会計で消費税~消費税がかかるもの、かからないもの - 消費税 - 専門家プロファイル

宮原裕一税理士事務所 弥生マイスター
東京都
税理士
0422-24-8451
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弥生会計で消費税~消費税がかかるもの、かからないもの

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
コラム 弥生会計で消費税

消費税は、事業者の立場から見ると収入にかかるものです。しかし、収入にも様々なものがありますし、すべてが消費税の対象になるわけでもありません。消費税がかかるもの、かかるけどあえて消費税をかけないもの、そもそも消費税の対象でないもの。これらは、つぎのように分類していきます。

まず、大前提として何かしらの取引である事です。消費税は、法人税や所得税などの利益に対して課税するものではなく、消費という行為に対して課税するものだからです。

つぎに、その取引が課税の対象である取引かどうかを判定します。課税の対象とならないものは、一般的に「不課税」といいます。

そして、その取引が課税の対象であれば、「非課税」となる取引かどうかを判定します。「非課税」とは、課税の対象であるものの、様々な理由からあえて消費税をかけないようにしているものです。

最後に、その取引が課税であれば、「免税」となる取引かどうかを判定します。「免税」とは、課税の対象であるものの、消費税率を0%とするようにしているものです。

これらを図であらわすと、以下のようになります。

なお、「非課税」と「免税」は消費税がかからない点では同じですが、「免税」は課税取引の一部となります。この違いは、後々の消費税の計算などで重要なものとなりますので注意してください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
宮原裕一税理士事務所 弥生マイスター

あなたの相棒、目指します。弥生会計にめっぽう強い税理士です。

弥生会計を使い倒す「弥生マイスター」でおなじみの宮原です。「あなたの相棒、目指します」を基本方針としています。「いつもそばにいてくれる」と感じていただける、そんなお客さまの相棒でありたいと思っています。

0422-24-8451
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「コラム」のコラム

このコラムに類似したコラム

実は申告義務があるんですけどね 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/17 07:00)

【復興増税 賛成 vs 反対?】 負担はどれだけ? 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/07/21 23:01)

消費税の会計処理について 佐藤 昭一 - 税理士(2011/06/22 18:00)

消費税の売上、仕入とは? 佐藤 昭一 - 税理士(2011/06/17 18:00)

弥生会計で消費税~非課税ってどんなもの?その10 宮原 裕一 - 税理士(2010/10/13 15:53)