・それぞれの制度のメリット・デメリットは? - 人事評価・賃金精度 - 専門家プロファイル

佐々木 泰志
ネクストコンサルティングオフィス 代表
東京都
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

渋田 貴正
(組織コンサルタント)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2017年06月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

・それぞれの制度のメリット・デメリットは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事評価・賃金精度

 

確定給付年金の特徴は、年金額が確定しており社員に対して安心感を与えることができるところです。特に、厚生年金基金や税制適格年金からの移行に際しては馴染みやすいと思われます。しかし、積み立て不足が発生した場合には、毎年その金額を事業主が埋め合わせる必要があります。

確定拠出年金について、筆者は、自己の責任で年金を決められることから、理想の制度と言えるが、環境整備を考慮すると、導入へのハードルは高いと言えます。事業主にとっては運用リスクがないというメリットがありますが、投資教育や運用にかかる環境整備に費用がかかることを考慮する必要があります。

キャッシュバランスプランは、運用の成果を給付に充当する点は確定拠出年金と同じですが、事業主が運用環境に合わせて運用利回りを毎年変更可能であることや、給付額は未確定であるものの社員の運用リスクはなく、自社に合う金融商品があれば導入しやすいと言えます。