セミナー;ネットで入手できるデータを活用した効率的な市場調査 - 営業企画・営業ツール - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セミナー;ネットで入手できるデータを活用した効率的な市場調査

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業企画・営業ツール
研修講師としての活動 ネットで入手できるデータを活用した調査力向上

皆様、

こんにちは。グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

昨日、「ネットで入手できるデータを活用した効率的・効果的なマーケティングリサーチ」を行いました。
ネットにつながったPCを各々の受講者に操作してもらいながら、双方向のワークショップ形式でのセミナーとしました。

ネット上に存在する『2次データ』を活用しながら、“仮説検証型”のマーケティングリサーチを行う設定で、調査目的の明確化⇒仮説設定⇒情報・データ収集⇒分析までの全プロセスをケーススタディをもとに行いました。

出席者の多くは、現在実務で調査・分析作業をやっている方々で、非常に専門性の高い内容になりました。

私自身も会社勤務時に各種調査を行いました。
調査内容によっては、自社内で出来ないものもあり、専門調査会社に委託しました。

問題は、コストと時間がかかる事でした。
昨日出席された受講者の方からも同じ問題が指摘されました。

現在は、インターネットを活用する事により、『2次データ』を使って無償もしくは低コストで情報の収集が可能になります。

この調査・分析を効率的に行うには、以下のプロセスで行う事が必要です。

1.自分の情報源を何時も更新しておき、最新情報を取れるようにしておく。
2.調査の目的を明確化する。
3.仮説を作る。⇒仮説の作成は、経験が必要です。自分自身のスキルが不足していると感じたら、周りの人に助けてもらいましょう。
4.ネットを使って『2次データ』を収集する。
5.情報を分析し、仮説の妥当性を検証する。
6.仮説の妥当性に疑問がある場合、仮説を再作成する。


上記プロセスの中で大事な事は、2項と3項です。


昨日のセミナーには、ベンチャー企業の経営者の方も参加されました。
事業の足元を見直すために本セミナーに参加されたとのことです。早速にこのノウハウを自社事業の確認に活用されるとの事です。

嬉しい事です。
他の受講者の方々からも高い評価を頂きました。


私の調査方法の考え方は、上野佳恵氏が書かれている 『情報調査力のプロフェッショナルービジネスの質を高める「調べる力」』 の内容に近いものです。
受講者の方には、何時も上記書籍を読むよう勧めています。

よろしくお願いいたします。
以上、

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「研修講師としての活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

ネット上のデータを活用した調査と対応策決定セミナー について 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/09/17 12:36)

つまらなくない文章とは? 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/10/12 14:39)

日経記事;スーパー業界団体取引システム統一CSK開発に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/09/21 10:30)

日経記事;マクロミル営業益6割増, 従来予想上回 に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/01/21 07:15)

セミナー:ネットで入手できるデータを活用した市場調査 のご紹 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2010/08/19 13:16)