社内報は生きていますか? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報は生きていますか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

皆さんの会社で社内報は生かされているだろうか。専任担当者を置いて紙媒体として積極的に取り組まれている企業もあれば、イントラネットとの併用、或いはイントラネット化をして活用されているところも少なくはないだろう。また最近創業された若い企業では、そもそも社内報という概念がない或いは、経費削減の折、社内報の存続を検討されているところもあるのではないだろうか。そこで社内報のそもそもの役割について考えてみたい。

 

社内報は言わずと知れた社内広報の最も重要なツールである。その目的は多岐にわたり、その一部を下記する。

・経営理念の浸透、経営トップの思想浸透
・一体感、帰属意識の醸成
・商品サービス情報の理解浸透
・業績や中期経営計画などへの理解浸透
・モチベーションの維持、向上
・他部門への理解浸透 など

 

書き出すときりがないが、経営の中でも非常に大きな役割を担っていることは間違いない。単に経費削減のために廃止すると言うのは以ての外であり、むしろ景気悪化などでモチベーションが下がっている際には強化しなければならないものではないだろうか。また業界再編などで原籍が複数ある企業が増えつつあると感ずるが、これら企業ではより重要度は増す。問題なのは、社内報は単に一担当者が苦労して制作するものではなく、経営の意思が反映されたものでなければならないことだ。

 

また何も社内報の効果は対従業員だけではない。従業員の家族も見る可能性がある、或いは見せることもできるのだ。業績悪化やリストラなどで不安に思う家族に対しても、企業メッセージを発信することもでき得る重要なツールである。再度、社内報の意義、活用方法について検討しては如何だろうか。

 

広報69箇条 不況時こそ社内報が大事と認識せよ

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

SNS時代の社内広報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/11 22:26)

誇れる会社にする 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/10 18:51)

掲載される側も考えて 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/13 22:10)

ほめるメディア、社内報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/01/24 22:33)

働くことと社内報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/01/20 13:05)