介護市場の動向に関する意見 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

荒井 信雄
全国訪問介護協議会開設株式会社さくらケア 代表取締役
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

介護市場の動向に関する意見

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
介護サービス 訪問介護事業 

ついに、厚生労働省で24時間型巡回介護創設に関する検討会がはじまりました。
先般、意見交換した小山さんもメンバーの一人です。

介護報酬にもよりますが、皆様の将来拡大職種メニューの一つとして頭に
入れておく必要がありそうですね。

私見で恐縮ですが、「そもそも利用者にニーズはそんなにない」と思います。
世田谷区のモデル事業で実証しているはずなのですが・・・

また、かえってコストが高くなる可能性があります。
夜中に、サービスする人の人件費をきちっと査定しているのでしょうか?

さらに、介護者の気持ちがわかってないと思います。
いくら、夜中にヘルパーがきてくれるとしても、家族は、当該サービス
を利用することに抵抗があります。
寝ている間に他人が家の中に入るのですから。

話は変わりますが、生活援助は地域支援事業になることは覚悟しなければならない
ですね。
次回介護報酬改定ではなならないとしても、近い将来私費サービス、家政婦などの活用も含め
介護保険からは外れていく運命でしょう。
財源が無限ではないからです。

民主党のマニュフェストですが
「介護労働者の賃金を月額4万円引き上げる」話はどこへ消えてしまたのでしょう。
選挙前の政治家話を信じる方が悪いのですが・・・

セントケアが子会社で民間介護保険参入しましたね。
来週セントケアの取締役と飲みに行くのですが、介護会社が民間介護保険
を扱うことは理解できます。
生命保険が民間介護保険と入れ替わる時が10年以内にくるでしょう。
何故かというと
年金が減る、死んだら、お金が出る(生命保険) → 長生きすると経済的負担が・・・
要介護状況になったらお金がでる(民間介護保険) →経済的負担がかからないので
                                 少しでも長生きして欲しいと思う。
モラル的にどちらが、良いですか。

また、当保険を販売するのは公的介護保険をわかってないとできません。
違いが説明できないからです。
誰の出番かわかりますよね。

このコラムに類似したコラム

副大臣室訪問 荒井 信雄 - 起業コンサルタント(2010/11/01 18:42)

社会保障審議会 荒井 信雄 - 起業コンサルタント(2010/10/28 23:08)

世田谷区介護保険課石橋課長面談 荒井 信雄 - 起業コンサルタント(2010/10/12 23:17)

老人保健施設の現状④ 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/06/05 17:27)

生活保護制度について(続編) 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2012/05/29 11:13)