スノコは建蔽率から外せるのか? - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士 環境デザイナー
東京都
建築家
03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スノコは建蔽率から外せるのか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
「住宅密集地」「狭小住宅」の家づくり 法規制
「スノコは建蔽率から外せるのか?」

昨年から、定期的に開催している「北区家づくりセミナー」
そのセミナーにあったご質問にも、お答えしようと思っています。

さて、スノコは建蔽率から外せるのか?
建蔽率という面積上の規制が有る話は、セミナーでも行いましたね・・・。
中々難しい話で、私も始めて聞いた時、すぐには理解しきれなかった覚えが有ります。
なので、今回の話は、中~上級編。

建蔽率の規定となる建築面積。

バルコニーの床がスノコやグレーチングの場合、
(棒材が床にスカスカ貼られていて、床部分の7割以上が下部が見える状態)

スカスカなので建築面積にカウントしなくて良いという
建築基準法の運用を行っている行政庁が以前は有りました。

これは、各地方行政庁によって見解が異なり、全て建築面積に参入するという
運用を行っていた地方行政庁も有ります。

現在、法改正が有り、基本的には建築面積に参入しなさいという事になっています。
ただし、この解釈も行政によって異なっており、
家づくりセミナーを開催した区では、現在は、条件付きで建築面積から除外される
場合が有るそうです。
(隣の敷地から、離れた場所なら良いや、開口率80%以上、下部に駐車場等用途が無い事
 廻りを囲まない、奥行き90センチ~1m程度まで・・・など)

ちょっと複雑ですよね・・・。

建築面積、参入か否かは、それぞれのお宅のプランによって判断が異なります。
行政サイドの解釈となりますので、自分で決めつけず、専門家と共に
行政と打ち合わせる必要が出てきます。
 

小木野貴光アトリエ一級建築士事務所   環境デザイン-Life

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社小木野貴光アトリエ一級建築士事務所 代表 一級建築士 環境デザイナー

あなたの「ライフスタイル」を大切にした「光と風、素材」の家

「光と風、素材」を大切にした心地よい住まいづくりをしています。「あなたらしい」世界に一つだけの家を一緒につくりませんか。住む方のライフスタイルを大切に形にしていきながら、光と風を取り入れた住まいの設計をしています。

03-5948-9673
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「「住宅密集地」「狭小住宅」の家づくり」のコラム

再建築不可能な建物(2010/09/23 16:09)

このコラムに類似したコラム

雨仕舞のデザイン 岩間 隆司 - 建築家(2011/09/15 19:09)

いろんな木目 松永 隆文 - 建築家(2014/09/08 10:52)

外廊下が完成 松永 隆文 - 建築家(2013/12/06 16:31)

即興的現場監理術 岩間 隆司 - 建築家(2013/05/01 09:52)