イングランドも日本も決勝トーナメントへ!そして、政治も!? - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

イングランドも日本も決勝トーナメントへ!そして、政治も!?

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ
こんにちは!
 
サッカーワールドカップ、日本、予選突破やりましたね(嬉)!
私も先日のデンマーク戦は、研修講師があったのですが、セミナー終了後仮眠をして、テレビで観戦していました。
いやぁー、久々に観てよかったという試合でしたね。
まぁ、ここから先は、何を言っても「未知の世界」ですので、とにかくチャレンジしてほしいものです。
 
それにしても、この大会は、金融問題と同じく、ヨーロッパ勢が苦戦しています。
イタリアやフランスが予選敗退するなど、波瀾が起こっていますね。
 
そんな中、何とか予選突破できた英国では、期を同じくして、大胆な「財政緊縮策」を発表しました。
 
ユーロ圏ではないものの、ヨーロッパにおいては、財政悪化が深刻化している英国が、世界経済(他国)からの信任を維持するべく、大幅な財政再建策を打ち出したのです。
 
主なポイントは、
 
1.付加価値税(消費税)を来年1月に、2.5%引き上げ20%とする
 
2.子供手当や福祉給付のカット
 
3.14年までに法人税を28%から24%に引き下げ
 
などといった内容です。
※今の日本の問題点を表している施策ですが・・・
 
これによって、財政赤字の国内総生産(GDP)比を、現在の10%から2015年には1%にまで引き下げることを目標としています。
 
それにしても、他の先進国にも例をみない大胆な緊縮策と言えます。
 
実際には、まだ変更される点も出てくるとは思いますが、いち早くこのような対策を発表したのには、英国の強い”危機感”があるものと思われます。
 
ギリシャのような信用不安を増幅させることによって、英国への信用失墜を何としても防ごうという意図が明確に表れています。
 
金融立国で成功した英国ですが、財政悪化による国債の暴落や通貨の大幅な下落は何としても防がなければなりません。
 
マーケットで英国の「信用」を維持するためには、国内の景気対策よりも、財政健全化を選択せざるを得なかったことが伺えます。
 
その辺りは、やはり市場(他国)で、国債などの消化を行っている国ならではと言えるでしょう。
 
一方、日本はと言えば、管総理が消費税10%を口にしだしましたが、党内や政界、そして国民とのコンセンサスを得るには、まだまだ時間がかかりそうです。
 
話し合いを開始して、実際には数年後に実施を行うとしている点も、英国とは大きく”スピード感”が違います。
 
やはり、国債の”国内消化率9割以上”という“強み”がそうさせているのでしょうか!?
 
しかし、その強みもいつまでもつのか、「不安視」しているのは、私だけではないはずです。
 
サッカーだけでなく、政治力においても、英国に引けを取らない「形」と「結果」を見せてもらいたいものです。
 
 
ということで、またまた来週も“頑張れニッポン!”です!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

日銀の国債保有進む! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/02/11 02:15)

世界経済見通し、下方修正へ! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/01/28 12:07)

2014年10月24日今週の株価、債券利回り、商品先物価格 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/25 16:46)

平成24年度主要国の長期金利の動向とハイイールド債の変動の大きさについて 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/07 13:00)

「資産2995兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/02/08 14:58)