弥生会計で消費税~基準期間って何ですか - 消費税 - 専門家プロファイル

宮原裕一税理士事務所 弥生マイスター
東京都
税理士
0422-24-8451
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

弥生会計で消費税~基準期間って何ですか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
コラム 弥生会計で消費税

消費税と向かいあうにあたり、「基準期間」という概念を押さえておかなければなりません。というのも、消費税を納める必要があるのかどうかの判定や、簡易課税という消費税の計算方法を適用できるかどうかの判定などは、この基準期間の中で消費税がかかる収入がどのくらいあったかで行うからです。

「売上が1千万円以下なら消費税はかからない」ということはよく聞かれていると思います。この1千万円というのは、基準期間がどうであったかなのです。その年度の売上が1千万以下であっても、基準期間の消費税の対象となる収入が1千万円を超えていると、消費税を納める「課税事業者」となるのです。なお、金額の集計は基準期間の中で課税事業者である部分は税抜きの本体価格、免税事業者である部分は総額で計算します。

まずは、個人事業主の基準期間です。個人事業主の基準期間は、その年の前々年、つまり2年前の1月1日から12月31日の1年間が基準期間となります。これはわかりやすいでしょう。

つぎに、法人の基準期間です。法人の基準期間は、基本的にはその事業年度の前々事業年度、つまり2期前の年度ということになります。2期前の事業年度が1年であればよいのですが、そうでない場合はちょっとややこしくなります。

法人の前々事業年度が1年未満である場合には、基準期間はその事業年度開始の日から2年前の応答日から1年間の間に始まるそれぞれの事業年度を合わせた期間となります。この場合は、基準期間が1年とは限りません。基準期間が1年でない場合は、その基準期間中の収入を年換算して判定することとなります。以下の図のようなイメージですが、なんだかわかりにくいですね。これは1年という会計期間が一般的であるため、様々な判定をするにあたり、事業者間の公平を図るための措置となっています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
宮原裕一税理士事務所 弥生マイスター

あなたの相棒、目指します。弥生会計にめっぽう強い税理士です。

弥生会計を使い倒す「弥生マイスター」でおなじみの宮原です。「あなたの相棒、目指します」を基本方針としています。「いつもそばにいてくれる」と感じていただける、そんなお客さまの相棒でありたいと思っています。

0422-24-8451
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「コラム」のコラム

このコラムに類似したコラム

弥生会計で消費税~課税の対象その1 宮原 裕一 - 税理士(2010/07/05 11:10)

消費税の納税義務が一旦リセットされる方法 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/26 07:00)

消費税の納税義務者 国内取引と輸入取引のケース 佐藤 昭一 - 税理士(2011/08/03 18:00)

消費税の国内取引の4要件とは 佐藤 昭一 - 税理士(2011/06/30 18:00)

弥生会計で消費税~はじめに 宮原 裕一 - 税理士(2010/06/03 23:37)